スポンサード・リンク

東京タワー夜景に浮かぶプロジェクションマッピングの夢の世界を!

東京タワーでは、2015年のクリスマスを先取りする夜景イベントが今週の週末13日(金)から開催される。

東京タワーと言えば、180個の電球でライトアップされる「ランドマークライト。これは季節(夏・冬)によって、2色を使い分けます。

また、Jリーグ開幕20周年記念や東京2020オリンピック・パラリンピック開催決定などのイベントやプロモーション等により「特別ライトアップ」と称してライトアップの色を変えます。

そして、7色の点灯色を持つ「ダイヤモンドヴェール」を使用してカラフルな光を演出したり、あるいはサーチライト照射により、鮮やかでインパクトのある色を浮かび上がらせたりと、そのパターンは様々です。

今までは、外部のライティングで東京タワーの綺麗さを感じていましたが、展望台の中のイベントです。

展望台の壁面の窓を使いプロジェクションマッピングを投影するようです。

プロジェクションマッピングのテーマは、「シティーライトファンタジア」!

今回は、東京タワー夜景に浮かぶプロジェクションマッピングについて調べてみました!

東京タワーから眺める夜景とプロジェクションマッピングの夢の世界

Tower1

東京タワーの大展望台は地上150メートルとかなりの高さがあります。

展望台では、360度パノラマで地上150mの都内の夜景を一望することができます。

そして、大展望台は壁面のガラスが上下4枚に分かれている。

下2枚のガラスからはいつも通り、幻想的な夜景を眺める事出来ますが、上2枚のガラスには立体映像3Dプロジェクションマッピングで、「シティーライトファンタジア」を投影します!

上2枚のガラスと簡単に書いたが、別に小さいわけではありません。上2枚の窓全面に設けられた縦3メートルの透明スクリーンに、少年が夢の世界を旅するイメージの映像が都心の夜景に重ねて映し出されます。

イベント期間や投影時間帯は?

スポンサード・リンク

今回の冬イベント、クリスマスから年末年始イベントかと考えてましたが、東京タワー太っ腹ですね!

開催期間 : 2015年11月13日(金)から2016年4月3日(日)

投影時間帯 : 18:00から22:30

 1回の上映時間は約9分間とちょうどいい長さですね。
 終わった後は数分待った後にまた、始まるようなので見逃す心配はないですね。
 反面、着いた時に途中だと悩むところですね。
 東京タワーは23時まで営業してます。

大展望台の入場料 : 大人900円

東京タワーの問い合わせ先 : 03・3433・5111。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、東京タワー夜景イベント!プロジェクションマッピングの夢の世界を紹介いたしました。

恋人や家族できれいな夜景を是非見てくださいね!

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ