スポンサード・リンク

図書館戦争の栗山千明、特別出演の謎。足骨折後に舞台挨拶で復帰。

10月10日より、図書館戦争の最新作 『図書館戦争 THE LAST MISSION』が上映開始しました、栗山千明さんは、本を読む自由を守り抜く 図書隊の一員 柴崎麻子役を演じます。

栗山千明さんと言えば、テレビドラマ、映画、CMの出演本数が凄く多く、仕事の切れ目がないほどに大活躍中の女優さんですね。

今回は栗山千明さんについて色々と調べてみたいと思います。

 図書館戦争に特別出演している栗山千明さんとは

chiaki0

 

栗山千秋さんは1984年10月に茨城県で生まれ、現在は32歳になります。

驚くことに。。。

なんと、5歳の時に母親に背中を押され芸能界入りしてますね・・・、相当可愛かったんでしょう!そして、母親も芸能界に何らかのこだわりがあったのでしょうね。

その後、「ピチレモン」「ニコラ」など、ティーン誌でのファッションモデルとして活動するなか、

13歳(1997年)の時に、巨匠・篠山紀信の目に留まり、写真集『神話少女〜栗山千明〜』を新潮社より出版していました。。

chiaki3

このあたりから身長が伸びなくなり162cmの段階で、モデル業を諦め、女優の道を歩き始めます。

多分、162cmでもファッションモデルとかは何とか可能と思いますが、パリコレなどのトップモデルの身長だと175cm~180cm位は必要なんでしょう。本人の夢に辿り着けない現実を受け入れての非常に厳しい選択だったと思います(涙。

女優の道へ転身後、2000年に映画『バトル・ロワイアル』に出演。

この映画の演技がきっかけでクエンティン・タランティーノの目に留まり『キル・ビル Vol.1』に出演。さらに『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』「Great Performers 2003」の1人として紹介され、ユマ・サーマンとの戦闘シーンが『The MTV Movie Awards 2004』「Best Fight賞」を受賞します。

女優として努力につぐ努力を惜しまなかったのでしょう、モデルから転身した努力が形になって表れてよかったと思います!!

女優と言うものを真摯に受け止め努力する栗山千秋さんを回りが見て、理解してくれたからと思いますが、

1999年に女優デビューを果たし、今迄の出演作品数です。凄いとしか言いようがないですね!

出演映画は、31本(1年に2本ペース)

出演ドラマ60本(1年に3.8本ペース)

出演CMは、67本(1年に4本ペース)

 図書館戦争に特別出演している栗山千明さんの役どころは

chiaki1

本作は、これまでにコミック化、アニメ化もされている有川の小説「図書館戦争」を実写映画化したSFアクションなってます。

国家によるメディア検閲が正当化された近未来の日本を舞台になっており、メディア検閲を行い本を廃棄する「良化隊」、本を守る自衛組織「図書隊」の戦いや恋模様を描いている。

本を守る自衛組織「図書隊」には、一般人に広く図書を広めていく『業務部』、表現の自由をメディア検閲から守るための『図書特殊部隊(ライブラリータスクフォース)』に分かれてますが、その中で栗山千秋さんは『業務部』の中の情報部員として勤務しています。

先日、放送された特別ドラマ『図書館戦争 ブック・オブ・メモリーズ』では、一般人に好意を寄せられ図書隊の情報をスパイされる中で、冷静に情報を流すふりをして相手をだますという賢い諜報員役を演じてました。

図書館戦争の栗山千明さんが特別出演になっているのはなぜ?

chiaki4

こちらは、アニメ『図書館戦争』の柴崎麻子です。

誰かに似ていませんか?栗山さんも周りの人に「アニメキャラの柴崎がわたしに似ていると周りに言われてアニメを観ていました」と。

原作者の有川先生は柴崎麻子のモデルとして栗山千秋さんをベースにしていたそうです。

原作者の有川に撮影現場で会った際、「先生の口から『アニメ化するときに栗山千明をモデルにしてほしい』と(アニメ製作プロダクションに)言ってくださったことを聞いてうれしいと思いました」と感慨深く振り返った。
さらに、撮影の合間に榮倉と談笑している姿について、「本当に笠原と柴崎に見える」とお褒めの言葉をもらったそうで、栗山は「撮影以外の姿を見てそう言っていただけたのには安心しましたし、
何よりも『頑張ろう』という気持ちになりました」と有川の言葉を励みに撮影に臨んでいたことも明かした。

このように作者が思い描いてい柴崎麻子のイメージと栗山さんのシンクロ率が異常に高くぴったりだったことから、特別出演になっているのではと巷では噂になっています!

映画初日の舞台挨拶で、足の複雑骨折から復帰!

スポンサード・リンク

8月下旬に脛骨を複雑骨折という大ケガを負ったことが報じられた栗山千明さん。

9月16日に行われた『図書館戦争 THE LAST MISSION』の完成披露試写会は欠席されていましたが、『図書館戦争 THE LAST MISSION』の初日の舞台挨拶には復帰し登場しました!

今回の『図書館戦争 THE LAST MISSION』の公開日は10月10日と・・・、なんと栗山千明さんのお誕生日なんです。当然、10月3日公開もできたと思うので、宣伝の一つとして合わせてるんでしょうかね~?

こうなると、サプライズは『図書館戦争』のキャストみなさんでデコレーションした大きなケーキでお祝い!

同い年の田中圭さんがねずみ年ということでネズミの絵を描いたそうですが、なぜかネズミの絵は消されてしまい、石坂浩二さんの書いた「ネズミ」という文字だけ残っていたそうです。

ケガをした足の方ですが、松葉杖は必要ないものの、まだ完全に治ったという訳ではなく、舞台あいさつに登場する際は映画で良い仲に発展しそうな福士蒼汰さんの手を借りて登場してました。複雑骨折なんで、骨を固定具を止めているのでしょう、速く治ると良いですね。

とりあえず、初日舞台あいさつで公の場に復帰ということで、ひと安心ですね。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます!

今回は、映画『図書館戦争』に特別出演している、栗山千秋さんの紹介をいたしました。

今後の彼女の活躍に注目していきましょう

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ