スポンサード・リンク

カインとアベル4話あらすじネタバレ!個人的な感想と視聴率

11/7 個人的な感想を更新。

2016年10月17日月曜夜9時からスタートした

カインとアベル。

主演は、山田涼介さんですね!

今迄はイケメンなアイドルって感じでしたが、今回のドラマの役柄では大人っぽい雰囲気を醸し出しているので、ファンなら好感度アップですね!!

第3話の放送が終わりましたね。

前回の続きからで隆一が梓を父親に紹介するレストランに呼ばれる優は、初めて隆一と梓の関係を知り・・、少し困惑した感じですが隆一を褒め称えます。優はプロジェクトチームで梓と一緒に仕事をする時間が増えたことで、同僚以上の感情が少しづつ芽生えてきてたんでしょうね。。

でも隆一の為に身を引いて焼酎ロックを飲んだくれる優がいいですね。

隆一は梓と結婚の話を進めますが・・、バンコクの不正が再燃してしまい追加の融資が100億円必要になってしまいます。ここまで来ると融資の話に食いつくのは乗っ取り前提の所しかなく、隆一の手に負えない状況になってしまします。

どんなにつらくても人に相談できない隆一がかわいそうでした。社長の長男としての真面目さなんでしょうかね。普通、同年代の起業家とのコミュニティがあるんですが、そこはドラマ・・。

役員会の当日、隆一は失踪するんです。

前日の深夜、優が寝ているところを起こすと過去の間違えをただし、別れの言葉を言って部屋を出るんです。

なんで、お休みじゃないんだろうとは思っていたんですが・・カミングアウトして姿を消してしまいましたね。。

以外にも3話で兄が疾走する月9・・・・次週はいきさつが分るんでしょうか。

今回は、ドラマ「カインとアベル」の第4話のあらすじネタバレや個人的な感想・視聴率について紹介していきます!

カインとアベル』第4話の個人的な感想

100億円の資金繰りに絶望し、ついに現実逃避してしまった隆一(桐谷健太)

誰にも頼らず一人で判断し一人で解決しろとずっと教え込まれてきた隆一の辛さをわかる梓(倉科カナ)。

大好きな兄を何とか助けてあげたい優(山田涼介)。

そして、今回から登場の桃子のフィアンセ黒沢役になんと竹中直人さん!

かなりの重厚感と存在感です。

優は、突然黒沢に100億円の投資を願い出ます。

それを受けた黒沢にもびっくりですが、突然見知らぬ怪しい男が現れ「100億円投資する」と言われて「奇跡が起きた。俺は持っている!」と信じてしまう隆一もなんか間抜け。

そして、本当は自分が見下していたはずの弟に助けられていたんだよと、梓から聞かされて優を殴りに行くなんて何とも自己中心的な・・・。

「影で俺を助けて、いい気分か?」って、自分だって今まで優のことを仕事でいつも助けてきたのに。

自分の下にいるうちはすっごく可愛がるけど、ひとたび自分よりも上に出ようとするとすごい勢いでつぶしにかかる人間っていますよね。

それだけ隆一は自分に自信がないのかもしれませんね。

今回、黒沢が出資した理由を“直感力”と表現し、隆一は自分が直感的に選ばれたのだと思っていましたが、実は黒沢に直感を感じさせたのは優だった。

自分にはないものを優が持っていると知って、焦りを感じる隆一。

そして、ついに次週では優の行動を父(高嶋政伸)が評価し始めます。

立場が逆転しそうになっていくのを見て、隆一がこれからどこまで堕ちていくのか。

そして今回の件で、少しだけ梓との間に入った溝がどう恋愛面で影響してくるかがみどころとなりそうです。

カインとアベル第4話の視聴率について

発表後に更新します。

スポンサード・リンク

カインとアベル』第4話のあらすじ

第4話のあらすじです。

caintoable4_1

高田優(山田涼介)は、兄・隆一(桐谷健太)が出社していないことをプロジェクトルームで団衛(木下ほうか)から知らされる。
すぐさま隆一の携帯に電話をかける優だが、留守電になってしまう。
優が矢作梓(倉科カナ)に昨夜の様子を聞いた。すると梓は、隆一は戻ってこないかもと言う。
梓によると、隆一はかなり酒を飲んで部屋に来たのだが、何も話さずに帰ってしまったのだそう。
様子のおかしい隆一には、優も心当たりがあった。隆一は、幼い頃に父の貴行(高嶋政伸)からもらった大事な万年筆を優に譲っていたのだ。

その頃、社長室では貴行が隆一の行方が知れぬことを隠して役員会を乗り切っていた。
役員会が終わると、会長の宗一郎(寺尾聰)が来た。隆一の役員会欠席を心配する宗一郎だが、貴行は問題ないと答える。
だが、宗一郎は隆一のように完璧に見える人間の方が脆いのではないかと貴行に問う。
それでも、貴行は隆一を信頼しきった様子だった。
家に帰った優は、隆一の部屋で行方の手がかりを探すのだが、何も見つからない。
しかし、隆一から譲られた万年筆を見つめていた優は、あることに思い当たる。
翌日、優は梓に隆一のいどころに心当たりがあることを伝えた。
すると、梓は一緒に連れて行ってほしいと言う。2人はその夜、高田家の別荘へ向かった。
一方、高田家では桃子(南果歩)がフィアンセに会ってほしいと貴行に頼んでいた。桃子の結婚に反対する貴行は頑なに断るが…。

caintoable4_1

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『カインとアベル』第4話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  山田涼介が主演の月9韓国ドラマのカインとアベル。あらすじと主題歌!

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ