スポンサード・リンク

カインとアベル5話あらすじネタバレ!個人的な感想と視聴率

11/15 個人的な感想を更新。

2016年10月17日月曜夜9時からスタートした

カインとアベル。

主演は、山田涼介さんですね!

今迄はイケメンなアイドルって感じでしたが、今回のドラマの役柄では大人っぽい雰囲気を醸し出しているので、ファンなら好感度アップですね!!

第4話の放送が終わりましたね。

香港の地元ゼネコンの追加融資100億の資金繰りがどうにもできず、行き詰って失踪してしまった隆一。

そんな中、社長の貴行(高嶋政伸)の妹、桃子(南果歩)が怪しげな投資家のフィアンセを連れてきます。

社長は高田の看板を狙って、妹に近づいているんではと、まったく相手を理解しようとしませんが、優は投資家との短い間に信頼関係を築き、なんと不足分の100億の融資をまとめます。。マジですか・・。

成功者の中の一つの観点が、最後は理詰めではなくインスピレーション、相手に感じるものがあるかどうかなんですと。。

本当?と思いつつも、その世界を知らない著者としては、一つの味方として相手の直感の信頼度もありなんでしょうね。理詰めのプレゼンの方が説得力ありそうですが。

そして何も知らない兄の隆一は100億の調達ができたことで、先人には無い神的な存在を梓の前でアピールしちゃうんですね。

やはり上に立つ人間って、年齢重ねるまで謙虚という言葉を知らないんですかね・・。

優が取り付けた融資が自分の努力結果出ないとわかると、優に言いがかりをかけ殴りつけます。

そして・・5話の予告では、徐々に頭角を現す黒髪の優。

立場は少しづつ変わってきますね!

今回は、ドラマ「カインとアベル」の第5話のあらすじネタバレや個人的な感想・視聴率について紹介していきます!

カインとアベル』第5話の個人的な感想

5話は急展開でしたね~!

優が黒沢(竹中直人)に100億円の出資を決意させたことで、ピンチを切り抜けた隆一(桐谷健太)ですが、今まで完全に下に見てきた弟に助けられたなんて、どうしてもプライドが許さない!

でもだからって、貴行(高嶋政伸)や会長(寺尾聰)への報告で、「全て自分一人でやった」と報告するなんて、万年筆の件を全然反省してないじゃん!

あの時も、万年筆を見つけたのは優だったのに、それを自分の手柄として貴行に渡していたことを後悔してたんじゃなかったのかな?

でも、当然どこかからは本当のことは伝わるもので、桃子(南果歩)から事実を聞いた貴行(高嶋政伸)。

貴行は、優に対して見方を変え始め、なんと新規一大プロジェクトのリーダーに任命!

これには、隆一も焦ります。

そして、その矛先は梓にも・・・。

優の希望で、梓にもプロジェクトメンバーになってもらっていましたが、隆一は梓には仕事を辞めて家庭に入って欲しいと束縛しようとしてくるのです。

それだけならまだしも、「優にはリーダーの素質はない」とか優を下げようとするなんて、どんどん梓の気持ちが離れていってしまいますよね。

今までの余裕に溢れた隆一はどこに行ってしまったんだか。

やっぱり挫折を知らない人間が、一度つまずくととことん落ちていきますね。

そして、隆一と喧嘩になってしまった後の梓の行動が不可解すぎる!

一人休日出勤していた優のもとに現れ、突然後ろから抱きつくという・・・!

梓の行動の意味はまだわかりませんが、兄弟間に巻き起こるドロドロの三角関係のゴングが鳴った瞬間でしたね!

優もあんなことされたら、さすがに梓への気持ちを抑えられなくなっちゃうんじゃないかな~?

カインとアベル第5話の視聴率について

発表後に更新します。

スポンサード・リンク

カインとアベル』第5話のあらすじ

第5話のあらすじです。

kaintoable5_1

高田優(山田涼介)は、隆一(桐谷健太)に殴られてしまう。黒沢幸助(竹中直人)からの隆一が手掛けるバンコクのプロジェクトへの出資が、優が頼んだからだと矢作梓(倉科カナ)から聞いたからだ。隆一には、優が黒沢に出資を頼んだ意味がわからなかった。
貴行(高嶋政伸)も隆一のプロジェクトを助けたのが、黒沢だと知る。桃子(南果歩)からフィアンセだと紹介された時、貴行は金目当てかと疑っただけに苦虫をかみつぶす思いだ。それでも隆一の判断は正しかったと貴行は、宗一郎(寺尾聰)に報告。隆一も優の介在を貴行には話さなかった。
 優は梓から、黒沢の出資の件を隆一に話したことを知らされる。それが原因で隆一が優を殴ったのだろうと謝る梓。しかし、優は意に介していない様子。だが、梓は優の行動を誰かに知ってほしかったのだと訴える。
そんな時、貴行のもとを桃子が訪ねて来た。黒沢の出資には納得できないが、隆一の判断は正しかったと言う貴行は、桃子にも礼を述べる。すると、桃子の口から貴行にとって驚くべき言葉が飛び出る。黒沢に認められ、出資を取り付けたのは隆一ではなく優だと…。
 帰宅した優は貴行に出資の件を尋ねられる。余計なことをしたと謝る優。なぜ怪しげな黒沢に頼んだのかと続ける貴行に、優はリスクを背負ってでもやらなければいけない時だと思ったと答えた。
 次の日、貴行に呼び出されて優は社長室へ。貴行はクライアントとの会食に同行するよう優に求め…。

kaintoable5_2

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『カインとアベル』第5話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  山田涼介が主演の月9韓国ドラマのカインとアベル。あらすじと主題歌!

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ