スポンサード・リンク

『僕のヤバイ妻』ドラマ第1話の感想・視聴率8.3%、あらすじネタバレも

※個人的な感想を更新。

※初回は2時間SPなので、21時より放送開始になります。

2016年4月19日(火)関西テレビ・フジテレビ系で放送を開始する春ドラマ

『僕のヤバイ妻』

最近では「無痛」で味のある院長役を演じていた伊藤英明さんが主演で登場します!

そして、ヤバい妻・ヒロインは、木村佳乃さんが演じます。

広告代理店のエリート社員と社長令嬢が恋愛から結婚に発展。そして広告代理店を止めカフェを営む二人。

順風満帆に見える過程には意外な事が・・・木村佳乃さんが・・・。

今回は、ドラマ『僕のヤバイ妻』の第1話のあらすじや個人的な感想・視聴率について調べていきたいます!

『僕のヤバイ妻』第1話の個人的な感想

第1話、初回なので21時からでしたが、みなさんは最初から見れましたか?

著者は・・、帰りが間に合わず10分経過後から見始めました。

結婚して家庭を守る妻、それを気に留めない旦那、そしてちょっかいを出す愛人。。

良くあるパターンですが、奥さんの遺産を巡り愛人が毒殺を計画するや・・、誘拐される妻・・。

自分の手を汚さず、自由が手に入り喜ぶ旦那・・ちょっと気が早いですね。

望月幸平演じる伊藤英明、殺人事件かと疑う刑事役の佐藤隆太。

二人は海猿で生死の境を熱い先輩、後輩の関係で演じていたんですが、立場逆転で殺人容疑をかけられた望月を、少しづつ追い詰める佐藤隆太演じる相馬刑事。

非常にテンポが速い展開で動き、上手くいったかと思えば、形勢逆転の嫌な情報がキーマンでなく、近所のおばさんから出たりと・・もしかして近所のおばさんがキーマン???

警察の監視も見事にすり抜けて身代金の2億円を手にする犯人。。ところどころで出てくる佐々木倉之助がラストシーンで、プラスティックの大きなケースを置けると、袋に入った札束が。。

実行犯だったんですね。

そして札束の上には

「少しの間、預かっておいて」 望月真里亜。

身代金を奪われた後に発見され衰弱しきっているとの事でしたが・・

自作自演、主犯だったんですね。。。

親の財産を相続し、役をしようとしていたバカ旦那、金に吸い寄せられてきた愛人役の相武紗季。。

自分の身をもって、排除するための誘拐劇だったんですね。。

ヤバイ妻

改め

凄い妻

ですね。。

望月も首を吊ったものの行きそびれたので、仲良くやってほしい所ですが・・妻の逆襲がまってそうですね。

次週の展開に注目ですね。

『僕のヤバイ妻』第1話の視聴率について

第1回目の放送が終わりましたね。。

視聴率は、8.3%と2桁に乗らず少々、低迷していますね。。

『僕のヤバイ妻』第1話のあらすじ

スポンサード・リンク

第1話のあらすじです。

bokutuma1_1出典:番組公式HP

:::::

予告編から作成中

:::::

bokutuma1_2出典:番組公式HP

:::::

予告編から作成中

:::::

bokutuma1_3出典:番組公式HP

 

 

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

初回は、2016年4月19日(火)の21時(2回目以降は22時)から放送が開始されますのでお見逃しなく!

今回は、ドラマ『僕のヤバイ妻』の第1話のあらすじや個人的な感想について紹介しました。

『僕のヤバイ妻』のまとめ記事は下のリンクから移動できますので、是非ご覧下さい。

 『ドラマ『僕のヤバイ妻』ネタバレやキャスト相関図と主題歌の感想』はこちらから>>

 

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ