スポンサード・リンク

『僕のヤバイ妻』ドラマ第4話のネタバレあらすじと感想や視聴率

2016年4月19日(火)関西テレビ・フジテレビ系で放送を開始する春ドラマ

『僕のヤバイ妻』

第3話の放送が終わりましたね。

2億円の在りかわかり変装して奪いに行きますが、LOGOSのボックスには2億円が入っていないんです・・。

するとパトカーのサイレンの音が。

マズイと思い、その場から立ち去る幸平、しかしパトカーは別の場所に向かっているんです。。

人ごみから現場を見てみると、そこには飛び降り自殺した緒方の姿が・・・。

自殺の訳がない・・真理亜が殺したんだ・・、怖くなり走り去る幸平。。

バーのマスターをやっている小暮の正体が明らかになっていないのですが、危険な臭いがする役なので、真里亜の実行犯をやっているのではと思いますね。

木村佳乃演じる妻・望月真里亜、相武紗季演じる愛人・北里杏南、この二人の悪女っぷりの戦いがメラメラと燃えたぎびってます!

さて今回は、ドラマ『僕のヤバイ妻』の第4話のあらすじや個人的な感想・視聴率について調べていきたいます!

『僕のヤバイ妻』第4話のあらすじ

bokuyaba4_3出典:番組公式HP

そ の頃、放火のニュースを知った幸平(伊藤英明)は、“真理亜が協力者だった緒方を殺したのかもしれない”と恐怖におびえていた。しかしふと、今回の誘拐事 件が自作自演ならば“身代金の2億円は今も真理亜が持っているはずだ”という事に気付く。その金を奪って逃げようと考えた幸平は、真理亜を尾行。すると、 真理亜は意外な場所である人物と接触していた。ついに2億円のありかを突き止める幸平。

そんな中、真理亜が店を手伝うと言い出す。幸平 は 煩わしさを感じるが、「金を手に入れるまでの我慢だ…」と渋々了承。店にやって来た真理亜は、まるで用済みだと言わんばかりに、店にあった杏南(相武紗 季)のネームプレートをゴミ箱に捨てる一方で、従業員たちには笑顔を振りまき、“奇跡の生還を果たした幸せな妻”を演じる。

しかし、そんな楽しそうな様子を、店の外から杏南が見ていた。自室に誰かが盗聴器を仕掛けていたことを知った杏南は、真理亜の誘拐事件に疑惑を抱き、ある行動に出る――!?

bokuyaba4_2出典:番組公式HP

『僕のヤバイ妻』第4話の個人的な感想

スポンサード・リンク

放送後に更新します。

『僕のヤバイ妻』第4話の視聴率について

発表後に更新します。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『僕のヤバイ妻』の第4話のあらすじや個人的な感想について紹介しました。

『僕のヤバイ妻』のまとめ記事は下のリンクから移動できますので、是非ご覧下さい。

 『ドラマ『僕のヤバイ妻』ネタバレやキャスト相関図と主題歌の感想』はこちらから>>

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ