スポンサード・リンク

はじめまして愛しています第5話のあらすじネタバレと感想や視聴率

2016年7月14日 木曜夜9時からスタートするテレビ朝日系ドラマ

「はじめまして、愛しています。」

主演には尾野真千子さん、江口洋介さんと初めて夫婦役で共演します!

テーマは、“特別養子縁組”なんです。

第4話の放送が終わりましたね。

試し行動が終わって、次の試練赤ちゃん返りへと突入したハジメ(横山歩)。

実の親から愛されなかった子どもの心情って、本当に深いものがあるんですね。

「愛されたい」って思いは、本能的に備わっていて、それが満たされずに来た子どもは何歳になっても愛情を求めようとするものなんですね。

そして、注目だったのが出産ごっこのシーン!

突然、美奈(尾野真千子)が言い出して、何を始めるのかと思ったら、ハジメをお腹の上に乗せてベッドに横たわり「う~ん!」とイキみ始めます。

「なんのこっちゃ」と思って見ていたら、ここからの展開がいきなり感動的でしたね!

今回は、ドラマ「はじめまして、愛しています。」の第5話のあらすじネタバレや個人的な感想、視聴率のコメントについて紹介していきます!

『はじめまして愛しています』第5話のあらすじ

第5話のあらすじです。

hajiLove5_1出典:番組公式HP

ハジメ(横山歩)に親と認められ、梅田美奈(尾野真千子)と夫の信次(江口洋介)にとって本格的な子育てがいよいよ始まる。

 堂本真知(余貴美子)の助言に従い、「ハジメにどんな人間になって欲しいのか」を考える二人。信次はハジメが笑わないことを気にかけ、「笑顔を絶やさない人になってほしい」と大らかな目標を掲げる。一方の美奈は、ピアノ教室でさまざまな子どもを見てきたせいか、挨拶から食べ物の好き嫌い、箸の持ち方など細かいところまで、つい多くを望んでしまう。その結果、美奈は知らず知らずのうちに、ハジメに「ダメ」と「◯◯しなさい」を繰り返すようになっていく。

 最初は渋々ながら言うことをきいていたハジメだが、やがてイライラが爆発。ピアノ教室の邪魔をすると、美奈から字の勉強をさせられていた道具を庭に放り捨ててしまう。その態度にカッとなった美奈は思わず手を上げ…!?

 美奈と信次が愛情をどう伝えるべきか思い悩む中、ハジメの反抗的な態度はなおも続き、ついには「お母さんのピアノなんか嫌い!お母さんも嫌い!」と美奈に楯突くまでに。それを聞いた信次は顔色を変え…!!

hajiLove5_2

『はじめまして愛しています』第5話の個人的な感想

スポンサード・リンク

放送後に更新します。

『はじめまして愛しています第5話の視聴率について

発表後に更新します。

 

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『はじめまして愛しています』の第5話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  主演小野真千子の『はじめまして愛しています』あらすじ感想やキャスト相関図も

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ