スポンサード・リンク

『人は見た目が100パーセント』最終回のあらすじと感想・視聴率

20174木10フジテレビの春ドラマスタートした

人は見た目が100パーセント(ひとパー)

主演の桐谷美玲さんが演じるのは女子力0のリケジaョ

ついに最終回です。

前回、彼氏だと思っていた榊からのまさかの二股宣言に呆然と壊れた純。

リケジョの恋愛はどう締めくくるか楽しみですね。 

今回は、ドラマ「人は見た目が100パーセント」の最終回のあらすじネタバレや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

『人は見た目が100パーセント』最終回の個人的な感想

最終回のテーマは、恋をとるか友情をとるかという選択になりました。

榊(成田凌)の二股を受け入れて交際を続けることを決意した純(桐谷美玲)を、止めようとする満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)。

しかし、純は「満子たちには関係ない」という態度を取ってしまい、友情が決裂してしまいます。

その間にも満子と聖良はビューティー研究を続けます。

この二人でも十分面白いんですよね。

ここに國木田(鈴木浩介)も加わって、面白トリオ完成しています(笑)

みんな本当にいいキャラで、最初はちょっと寒い?と思っていたこのドラマでしたが、もうみんな好きになっちゃいました。

純は、満子や聖良と試行錯誤しながらキレイになりたいと努力した日々を思い出し、本当に大切なことに気づきます。

そして、ちゃんと榊に別れを告げることができたのでした。

それを伝えに行ったときの、満子の「がんばったね」のポンポン。

満子、本当に女から見ても惚れる~~~!!

すごい包容力ありますよね。

最後に榊と会社の前で会った純は、今までのオドオドした感じとは全然違って、とても堂々としてキラキラしていました。

榊も、逃した魚は大きいって感じの表情でしたね。

やっぱり中身からキレイになるって大事ですね。

聖良と丸尾(町田啓太)の恋の結末は描かれなくて残念でしたが、きっと二人はゆっくりとスイーツ巡りをしながら距離を縮めていくのかな~と勝手にハッピーエンドを想像しています!

人は見た目が100パーセント』最終回の視聴率について

発表後に更新します。

 

スポンサード・リンク

『人は見た目が100パーセント』最終回のあらすじネタバレ

最終回のあらすじです。

mitame10_1

純(桐谷美玲)は、榊(成田凌)が女性とキスしているところを目撃し、激しいショックを受ける。しかし榊は、悪びれるようすもなく、純もその女性も自分の彼女だと言い切る。純のすべてを受け入れるつもりだから自分のことも受け入れてほしい、と言うのだ。純は、迷いながらも、榊と距離を置くことに
報告を受けた満子(水川あさみ)聖良(ブルゾンちえみ)は、純の決断を支持し、ホッと胸をなでおろす。しかし純は、初めての失恋ゆえになかなか立ち直ることができず、掃除をしたり、運動をしたりしても眠れなかったらしい。満子と聖良は、友人として純の力になろうと決意し、彼女のために弁当を作って励ました。純も、ふたりのペースに巻き込まれ、少しだけ元気を取り戻す。

そんなある夜、純の前に榊が現れる。榊は、逃げようとする純を追いかけ、あれからずっと純の事を考えていた、と告げる。「城之内さんも同じ気持ちですよね?」。榊からそう問われた純の心は揺れる。
別の日、純は、榊から食事に誘われる。純と一緒にいた満子と聖良は、無神経な榊に対して怒りをぶつけた。だが純は、榊の誘いを受けてしまう。 満子たちは、榊とよりを戻すという純を非難した。すると純は、この気持ちはふたりにはわからない、と反発する。怒った満子は、勝手にすればいい、と言い放って部屋を出ていく

純は、初めて手に入れた恋愛を取るのか、それとも友情を取るのか?

mitame10_2

   

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『人は見た目が100パーセント』最終回のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  ドラマ「人は見た目が100パーセント」キャストやネタバレのあらすじ!相関図や主題歌も

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ