スポンサード・リンク

『人は見た目が100パーセント』7話のネタバレとキャストの動画と感想・視聴率

2017413から始まる木10フジテレビの春ドラマ

人は見た目が100パーセント(ひとパー)

主演の桐谷美玲さんが演じるのは女子力0のリケジョ

 第6話が終わりました。

部屋着のマストアイテム「ジェラートピケ」のモコモコ部屋着で出てきましたね!

見た目も可愛いけど、あのフワフワ感は本当に部屋着としてリラックスできます。

「触りたくなる心地よさ」という意味では、男子ウケも確かに良さそうですね。

ジェラピケはモコモコ系なので、冬用にはすごくいいなと思いますが、それで短パンを合わせる意味が全くわかりません!

暑いんだか、寒いんだか・・

確かに。。

お洒落は寒くてもガマンなんですね。。

今回は、ドラマ「人は見た目が100パーセント」の第7話のあらすじネタバレや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

『人は見た目が100パーセント』第7話の個人的な感想

先週の予告で、榊(成田凌)と香澄(足立梨花)が付き合い始めたのかな?と思わせるシーンがありましたが、純(桐谷美玲)の妄想シーンだったのですね。

この妄想シーン、予告に使うの反則ですよね~。

次週予告では、榊が純にキスしようとしているシーンがあったけど、きっとまた妄想シーンなのでしょうね~。

しかし、榊の純への気持ちには確実に変化がありました!

約束があって時間がないのに、店にカラー剤をぶちまけてしまった榊。

それを研究員としての知識を最大限に生かして、助ける純。

こうゆうところで能力を見せ付けられるってゆうのは武器ですよね!

シミを落としてくれる女に男は弱いって、定番ですもんね!

まぁ、それは家庭的なところを見せつけるってゆう狙いだけど、純の場合は研究員としての知識だったので、「仕事のできる女」ってゆうところを見せつけることができました。

これも、かなり好感度高いですよね!

いつもオドオドしている純だからこそ、キャリアウーマンの姿はギャップ萌えって感じで。

そしてもちろん、自分のために一生懸命になってくれる姿というのが、一番胸を打たれたのだと思います。

恋のライバルかと思っていた香澄も、違う人とコンサートに行っていたということがわかり、一安心ですかね。

でも、ジーンズの会話のとき、榊からすぐメールの返信がきて香澄が「やったー!」とか喜んでいたのは何だったのでしょう?

榊のほうが後輩の香澄への思いを応援してチケット取ってくれたくらいだから、何の気もなさそうですけどね!

ここへ来て、突然進展し始めた純の恋!最終回までに両思いになれるのでしょうか?

丸尾(町田啓太)とスイーツ友達になれた聖良(ブルゾンちえみ)の恋の進展にも注目したいです!

『人は見た目が100パーセント』第7話の視聴率について

発表後に更新します。

スポンサード・リンク

『人は見た目が100パーセント』第7話のあらすじネタバレ

第7話のあらすじです。hitopa7_1

純(桐谷美玲)は、美容室『ルーチェ』の榊(成田凌)を訪ね、お見舞いに来てくれたお礼にドーナツを差し入れる。その際、純は、榊が業界関係者に海外アーティストの来日公演チケットを頼んでいたことを知る。ところがそのチケットは、榊が庶務課の香澄(足立梨花)のために取ったものだと知った純は、大きなショックを受けてしまう。

一方、聖良(ブルゾンちえみ)は、突然ダイエットを開始する。脱毛しているところを男子研究員の丸尾(町田啓太)に見られてしまった聖良は、ダイエットをして挽回しようともくろんでいた。

そんな中、満子(水川あさみ)は、純と聖良に相談を持ち掛ける。週末に高校の同窓会があり、そこに当時ずっと好きだったサッカー部のキャプテン・守口も来るのだという。満子は、10代のころのプリプリの肌しか知らない相手と十数年ぶりに会う恐怖を訴え、純たちにリフトアップの研究に付き合ってもらうことに。

3人は、さっそく肌のたるみに効くという顔ヨガや、リフトアップ用のグッズをあれこれ試したが、そう簡単には効果がでない。そこにやってきた國木田(鈴木浩介)は、諦めかけていた満子に「リフトアップに最も効果的なのは」と言いかける。が、その時、統括マネージャーの栄子(室井滋)の視線に気づいた國木田は、慌てて部屋を出ていってしまい

hitopa7_2

  

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『人は見た目が100パーセント』第7話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  ドラマ「人は見た目が100パーセント」キャストやネタバレのあらすじ!相関図や主題歌も

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ