スポンサード・リンク

『遺産相続』弁護士役の真飛聖が綺麗!本名は?宝塚・土組の画像も

毎週木曜日の21時から放送されている秋ドラマ『遺産争族』で、カワムラメモリアルの会長・龍太郎の(美人)顧問弁護士役で真飛聖さんが出演してますね。

遺産争族に出ている綺麗な弁護士さんは誰と話題になっていましたね、真飛聖さん!宝塚の卒業生だったんですね。

宝塚で活躍していた方は本当に園児も上手だし、顔立ちも良く、映えますね!

今回は、『遺産争族』で美人弁護士役を演じている真飛聖さんのプロフィールや経歴や宝塚の時のことを色々と調べてみました!

『遺産争族』に出演する真飛聖さんとは?

 

ma11

凄く綺麗な顔立ちですよね!

真飛聖さんです。『まとぶせい』さんって呼びます。面白い名前ですよね。。宝塚出身です。綺麗なはずです。

真飛聖さんは、1976年10月に神奈川県で生まれ、現在は39歳になります。身長は169cmと高めでこの顔立ちです。

1995年に宝塚に入団し、星組に所属しますが、大人気だったことでしょう!

真飛さんの宝塚や芸能界のきっかけ、経歴など

 真飛聖さんは、バレエを3歳から習っていたんです。3歳って、かなり早いですよね。楽器系でなく、バレエですから両親もそちらの出身、又は強い思いがあったのかもしれませんね。

バレエを続けつつも中学3年生の頃には、かなり身長も伸びたことによって、自身はバランスに対する不安が強かったようです。

そんな矢先に、『ベルサイユのばら』(月組、涼風真世主演)を観て宝塚にはまった友人から宝塚を勧められたのです。

中学三年の受験期の後半だったのか一度目は失敗し、1993年の二度目の挑戦で宝塚音楽学校に入学します。

宝塚音楽学校で勉強したのちに1995年に81期生として、宝塚歌劇団入団します。

入団時の成績は41人中12番で、5月に星組に配属されます。そして数々の舞台を経験し、主演も何度も経験します。

2005年には花組に移動し、3年後の2008年には念願の花組トップスターの座を勝ち取ります!翌年からソロCDのデビューや、テレビドラマの舞台化の主役を務めます

そして2011年、宝塚歌劇団を退団。

ワタナベエンターテインメントに所属し芸能界に活動の舞台を代えてきます。

主なテレビドラマとして、
 37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜
 相棒 Season11~Season13
 Dr.倫太郎
  などなど、
 遺産争族の後も、

 2016年冬ドラマの『わたしを離さないで』に出演が決まっています。

『遺産争族』で弁護士を演じる真飛聖さんが綺麗と話題に!

ma1

ドラマ『遺産争族』では、カワムラメモリアル創設者の河村龍太郎の弁護士です。

カワムラメモリアル執行役員である吉沢(渡辺いっけい)の手配によって、心筋梗塞で倒れた後、龍太郎の遺言書作成・変更を担うことになった弁護士で、龍太郎が本心を唯一話せる人なんです。

欲の皮が伸びまくった親族に対して、感情を抑えつつも中立な立場で仕事の出来る弁護士を演じています。

スーツ姿も凛としていて、品よく綺麗とネット上でも話題になってますね。

龍太郎の周りのキャストと言えば、板谷由夏さんは綺麗ですよね。でもキャラ的に金の欲にやられてしまっているので、真飛さんの綺麗さが際立つのでしょうかね!

遺産相続の対象者がすべて金で、人格が壊れる中、タンタンと遺言プロセスを進めている所は、多少は欲に負けて、悪徳弁護士の一面が出ても面白いのかなとも思うんですが・・。。

真飛聖さんの本名って?

スポンサード・リンク

『真飛聖』さん、どう見ても、宝塚時代の名前ですよね。

本名で『まとぶ せい』は、有り得ないでしょう。。本名がこのような名前の方がいたら、それはそれでビックリか、または親が宝塚オタクでしょう!

という事で、本名を調べてみました。

意外や意外・・・本名は『山下裕子』さんでした。

普通な名前というか、感動が無いですね。(言いすぎましたm(_ _)m)

芸名と本名の違いに、ビックリしてしまいました。

真飛聖さんの宝塚時代の画像を!

ma5

う~ん、はっきり言って、その辺にいる男より、かっこいいですね!

眉毛、鼻筋の綺麗さ、かないませんね。。

ma3

イケメンは何をやっても似合う。それがコスプレでも!

カッコイイですね。やばいです!

ma2

ディナーショーのポスターです。

The 宝塚って感じですね。

最近、男装女子の記事も書きましたが、やはり宝塚のレベルは凄いですね!!

 

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『遺産争族』に出演している真飛聖さんについて紹介いたしました。

今後の財産分与についても注目していきましょう!

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ