スポンサード・リンク

月9ドラマ『いつかこの恋を』第1話の視聴率11.6%!個人的な感想やあらすじ

※1/18 個人的な感想、1/19 視聴率を更新。

 2016年1月18日(月)フジテレビで21時から放送を開始する冬ドラマ

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

に、有村架純さん・高良健吾さんが主演で登場します!

大人気でかつ癒し系の有村架純さんがヒロインで主演します。

しかも、脚本は、あの懐かしの『東京ラブストーリー』を手掛けた坂元裕二さんです。

どのような素敵なラブストーリーになるんでしょうね、2016年度版の東京ラブストーリーが、今から楽しみですね!!

と・とはいえ、タイトルが・・・ちょっと過去形な雰囲気を出してますよね。。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』って感じなので、ハッピーエンドではなく、何らかの別れがあり、心に残る方向性のドラマ展開なんでしょうかね。

今回は、ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の第1話のあらすじ、個人的な感想や視聴率について調べていきます!

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』第1話のあらすじ

itu2出典:番組公式HP

幼いころに女手ひとつで育ててくれた母を亡くした杉原音(有村架純)は、育ての親である林田雅彦(柄本明)・知恵(大谷直子)夫妻のもと、北海道のさびれ た町で暮らしていた。雅彦は音を家政婦扱いし、寝たきりになった知恵は音の介護がなければ暮らせない状態だった。音は、「あきらめること」を教え込まれて きたため、そんな状況をただただ受け入れて生きていた。出典:番組公式HP

 

itu3出典:番組公式HP

曽田練(高良健吾)は東京の運送会社で引っ越しの仕事に就いていた。福島で、農業に従事する祖父・健二(田中泯)に育てられた練は、人を疑うことを知らな い。健二がだまし取られた畑を買い戻すために上京した練は、運送会社の先輩たちからひどくこき使われ、毎日へとへとになるまで働いていた。給料は安く、貯 金などできないまま、古ぼけたアパートで苦しい生活を送っている。そんな練には日向木穂子(高畑充希)という恋人がいた。練のアパートに日常的に泊まって いる木穂子は、何かとだまされがちで借金を作ってしまう練に金の工面もしていた。練は、困惑しながらもそれを拒絶することができない。出典:番組公式HP

 

itu4出典:番組公式HP

ある日、練は、悪友の中條晴太(坂口健太郎)が、旅先の北海道で拾ったというカバンの中から古ぼけた手紙を見つける。「音へ」と書かれたその手紙を読んだ練は、これは絶対に持ち主に返さなければならないと強く感じ、会社のトラックを飛ばして北海道へと向かう…。
出典:番組公式HP

itu5出典:番組公式HP

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』第1話の個人的な感想

スポンサード・リンク

有村架純さん・高良健吾さんが主演の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の第1話の放送が終わりましたね!

有村さん演じる杉山 音は、幼少期に片親である母親を亡くしてしまい、北海道の祖父に引き取られます。

思っていたより冷遇され貧しく自由を束縛されて育てられます。そんな生活の中でも、中学・高校時代は彼氏と楽しい時間を過ごせますが、彼氏は受験で札幌に行ってしまい別れることに・・。

音にも一緒に受験しようと連絡があったのですが、生活の余裕が無くクリーニング店で働くしかありませんでした。

東京では、高良健吾演じる曽田 練は、まじめで垢抜けなく引っ越し屋で働くものの先輩達に仕事を押し付けられても嫌な顔を一つもしないで働く、応援したくなるタイプですね。

高畑充希演じる日向木穂子と練は付き合っていて、練の部屋に泊まり込む関係なんです。。木穂子はお洒落なOL役ですが、地味で真面目な練と付き合う位なので、何かさみしい部分を共感したい所が有るんでしょうね。。

そして、練の部屋から出勤する木穂子とすれ違いで、坂口健太郎演じる中條晴太が部屋に入り込みます。二人は腐れ縁の友達なんですが、ちょっと晴太の気ままな適当さに練も付いていけない感じですね。。

そんな晴太は旅から帰ってきますが・・・途中、落し物のカバンを届けずに持ち帰ってきてしまいます。。

そして中には、亡き母親から娘への最後の手紙が入っていました・・。

真面目な練はどうしても返したい気持ちでいっぱいになります。そして会社のトラックを勝手に動かし向かうは北海道へ・・そして荷台には翌日届けるはずの桃の缶詰が段ボールで多分100箱はあったでしょう・・多分戻ってきたらクビだし、損害賠償もんですね。。

北海道のクリーニング店で無事に音に遭遇しカバンを返すことはできましたが、手紙は受け取りません・・練に捨ててほしいと。

音は・・・引き取られた親の世話で地元の金持ちと結婚する話が進められていたのです。

音は「好きでない人とは結婚したくない」と叔父にお願いをしますが、嫌味を言われて話を聞いてくれません。。

叔母が半寝たきり状態となっているため、地元の金持ちと結婚し、二世帯住宅で暮らす腹積もりのようです。。

1転2転して・・音は北海道の親を捨てる決意をします。雨の中は知っていると、丁度、練のトラックが東京へと向かう所でした。

気付いた練はトラックを止め、音に確認したのちに東京へ連れていきます。。

結婚するために、過去の母親の手紙を捨てて違う自分になる所でしたが、トラックのグローブボックスの中には手紙が・・。

読み返しながら昔を思い返し涙する音。。

そして東京に着きます!

トラックを止め、音が寄りたいところが有るとの事で路駐して練が待っていると・・、突然、練に憧れている森川葵さん演じる市村小夏が抱き着いてきます。その後どういう展開かわかりませんが・・音が戻ってくると練とトラックはいなくなってるのでした。。

おう、まい、がっと・・・!!

金無し、家無し、仕事なしとイキナリ、桃の缶詰一つで東京に放り出されてしまいました・・・。

でも、場面は1年後、ガソリンスタンドで働く音!

なんとか、変な方に行かず生きてこれたんですね。。

親がいなく独りぼっちになってしまった音、同じように親がいなく同調する練、お洒落なOLの木穂子は上司と不倫しつつ、練と付き合っています。。

東京に来たものの1年間会えずじまいの二人が次週以降、どういう再会を果たして、距離を縮めていくか楽しみですね!

『いつかこの恋を思い出してきっとないてしまう』って、タイトルですが、当きょに向かうトラックの中で手紙を読む音にすっかりと涙っぽくなってしまいました。

思い出さなくても、きっと泣けるドラマなんですね・・、今期の号泣ドラマ第1位になると思いますね!

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』第1話の視聴率について

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の第1話の平均視聴率は、11.6%でした。(ビデオリサーチ調べ)

2桁台というで、まずまずの滑り出しと言えるのではないでしょうか。

 

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の第1話のあらすじ、個人的な感想、視聴率について紹介しました。これを読んだ方が、面白そうだと感じてもらってドラマを見てくれたら幸いです!

今後のドラマの展開に期待しましょう!

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ