スポンサード・リンク

ドラマ「過保護のカホコ」第5話 距離が縮まる二人!あらすじと感想。

2017年7月水曜夜10からスタートした

「過保護のカホコ」。

主演には、演技派女優として人気も高い高畑充さん

高畑充さん演じる根元加穂子は、全てが親まかせで、自分の意思がなく、ぬくぬくと完全無菌のまま育ってきますが、就職時期を境に自立した大人を目指して奮闘します!

第4話終わりました。

思っていたより、過保護のカホコのダメっぷりが構成されてきている感じがあって

タイトルほど、ダメ娘じゃないのが・・

残念です。

今まで親のレールをしっかり歩んできたカホコが夢直前で挫折したチェリストのイトちゃんからの直球発言から、自分の苦しい思いを聞いてくれた麦野くんの初恋が芽生えます。

ドラマを見ていると・・

ワニでしたっけ。。初めてあったのを親と思い込むみたいな。

親族以外で異性の接触が初めてなだけにカホコは脳みそ全開でどう告白すればいいのか悩みます。

悩んだ末に言えずじまいなんですが。

カホコが第5話で母親のレールから分岐して、自分の意見をしっかり伝えるんです!

まさに思春期ですね!

このドラマって、娘を持っている父親系ってど真ん中なんじゃないですかね。。

母親と喧嘩しても、ついつい娘の気を確認したくなるどらまです。

プロのチェリストを目指す従姉妹のイトが手首の怪我で夢を諦める事態になります。

カホコはイトの為に応援したいのに、自分の言葉がうまく出せなく表面的な対応をすると・・・

今まで、イトの中に蓄積されたストレスが、カホコに向けて吐き出されてしまいます。

完全無菌状態のカホコは、人の裏側の顔・言葉など知らず初めての経験でした。

そして、プロのチェリストになる為に、その世界のいやらし部分まで見てしまっていたイトは、過保護の娘など最低だと罵ってしまうのです。

人の心の闇を見たカホコはいてもたってもいられず、親にも言えず。。 

今回は、ドラマ「過保護のカホコ」の第5話のあらすじネタバレや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

『過保護のカホコ』第5話の個人的な感想

初(竹内涼真)がついにカホコ(高畑充希)のことを好きになりましたね!!

予想していたよりはずっと早い段階でこうなったので、これからはあと半分どう引っ張っていくのかが気になるところです・・・。

初と出会ってからカホコがどんどん大人になろうとしているのはとても応援したくなるのですが、それを泉(黒木瞳)が阻止しようとしているのが見ていてイライラ・・・!

もうほっといてあげてほしい!!

カホコはママのことも大好きだから、きっと自分が離れていくことをママが嫌がるなら強引にそうすることはできないんでしょうね。

でも、次週の予告ではカホコと初はちゃっかりもう付き合い始めているみたい。

一応初は「娘さんと交際させていただきたいと思っていますが」って許可を取りに来た感じで、まだ付き合うときめたわけではなかったはずだけど、泉がすぐに了承するとも思えないし、親の許可なしに勝手に付き合い始めるのかな・・・?(大学生ならそれ普通だけど)

最終回までに、泉が子離れして初との交際を認めてくれるのがゴールといった感じでしょうか?

とにかく次週のカホコと初の初々しい交際シーンが楽しみです!

『過保護のカホコ』第5話の視聴率について

第5話の視聴率は、またアップし12.1%と民放ドラマでは上位三番くらいでしょうか。

カホコと初が両思いになり、これからの恋愛・・

カホコのことだから全て驚きの連続で、ドタバタした恋愛が楽しめそうですね!

 

 

スポンサード・リンク
 

『過保護のカホコ』第5話のあらすじネタバレ

第5話のあらすじです。

過保護のカホコ

カホコ(高畑充希)と泉(黒木瞳)が都合のいい時にだけ自分を頼り、スポンサーとしか思っていないことにキレた正高(時任三郎)は家を飛び出す。心配するカホコをよそに泉は「反省するのは正高の方だ」と主張し、正高に連絡することを禁じる。一方、実家に身を寄せた正高は、出戻りの妹・教子(濱田マリ)から煙たがられ、生気の無い両親のもとで居心地の悪さを感じるが、妻と娘の方から謝ってくるだろうと意地を張っていて
初(竹内涼真)から絵のモデルを頼まれたカホコは、親に甘えるのをやめて将来のことを考えるいい機会なのではと助言される。社会経験を積むためにアルバイトとインターンを探し始めたものの、当然のようについてきた泉が勝手に職場を決めてしまうばかりか、失敗ばかりするカホコを見ていられず、仕事でも手助けしてしまう

そんな中、親戚の間でもトラブルが続発!衛(佐藤二朗)との今の幸せが壊れることに不安を感じる環(中島ひろ子)は喘息で病院に運ばれ、チェロが弾けなくなり非行に走ったイト(久保田紗友)は警察に補導される。再び初に相談したカホコは、初が自分を捨てた母親に今でもただならぬ思いを抱いていることを知る。問題だらけの親戚のため、そして家族のいない初のために何かできることがないかと考えるカホコに成長を感じた祖母の初代(三田佳子)は、カホコを信じて子離れするよう泉に助言をするが
同じ頃、カホコからの連絡に待ちくたびれ、途方に暮れた正高の元にカホコが現れる。喜ぶ正高だが、カホコは家に帰ってきてほしいと言い残し、全速力で姿を消してしまうのだった
カホコはもう一人、自分が救いたい初の元へ向かっていた過保護のカホコ

 

 

 

過保護のカホコの予告動画

ドラマの予告がありました!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『過保護のカホコ』第5話のあらすじについて紹介しました。

今回の高畑充さんは何一つ不自由なく過ごしてましたが、一人の男性に出会い、独り立ちしていくドラマですが、高畑さん演じるカホコの表情が本当に考えられていて、はぶっちゃけ面白そうですね!

楽しんで見れそうなドラマに仕上がっていますので、放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  ドラマ「過保護のカホコ」キャストやネタバレのあらすじ!相関図や主題歌も

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ