スポンサード・リンク

営業部長 吉良奈津子1話の視聴率10.2%!感想やネタバレあらすじ

2016年7月21日木曜夜22時からスタートする夏ドラマ

「営業部長 吉良奈津子」。

主演は、松嶋菜々子さんです!

松嶋奈々子さんといえば、ドラマ「家政婦のミタ」が印象強しくと思いきや直近は、2013年夏ドラマの『救命病棟24時 Part 5』だったんですね。

あれから3年もたっているんですね!

家政婦や救命救急の医者など、幅広く役に入り込む演技力と主演を張るオーラは、さすが松嶋菜々子さんと声を上げたくなるくらいに、どんな役柄をこなすのだろうと期待してしまいますね。

今回は、ドラマ「営業部長 吉良奈津子」の第1話のあらすじネタバレや個人的な感想、視聴率のコメントについて紹介していきます!

『営業部長 吉良奈津子』第1話のあらすじ

第1  話のあらすじです。

kiranatu1_2出典:番組公式HP

かつて「東邦広告」のクリエイティブディレクターとして辣腕を振るった吉良奈津子(松嶋菜々子)は、小山浩太郎(原田泰造)と結婚。出産を経て3年ぶりに復職を果たした。奈津子自身、復職先は当然、古巣のクリエイティブ局だと思っていたが、与えられたのは想像もしなかった営業開発部の部長という役職だった。納得がいかない奈津子は、常務の斎藤良一(石丸幹二)に不満をぶつけるが、斎藤は3年のブランクを理由に取り合わない。事実、3年前は奈津子のアシスタントだった高木啓介(松田龍平)が、今ではクリエイティブディレクターとして活躍していた。

覚悟を決めた奈津子は、営業開発部に向かった。そこにいたのは、仏頂面の副部長・米田利雄(板尾創路)を筆頭に、神経質なミニマリストの一条達哉(DAIGO)、スマホが手放せない川原義雄(岡田義徳)、出来る女を気取っている今西朋美(中村アン)、能天気な新入社員の神崎あすか(足立梨花)、元気だけが取り柄の丸尾裕人(白洲迅)、柔和な笑顔が仙人風の郷貴志(高木渉)という、ひと癖もふた癖もありそうな面々。しかも、そこは半期でノルマの1割にも達していないという業績不振の部署だった。
営業開発部は、新規の広告主を開拓するのが仕事だが、会社がデジタル展開に乗り遅れたため、現在の広告主をつなぎとめるだけでも一苦労で、新規など取れる状況にない、と米田は説明。ほかの部員たちもやることはやり尽した、と半ばあきらめムードだ。奈津子はそれを払しょくするように、営業の勝負は足だというのなら粘り強くクライアントに当たっていくしかない、と力説。と、その時、スマホのアラームが鳴った。息子の壮太(高橋幸之介)を保育園に迎えにいく時間になってしまう。奈津子は、クライアントのピックアップを部員に任せると、会社を後にした。

奈津子がギリギリで保育園に滑り込むと、ヤンママの吉田千佳(今井華)が、奈津子を呼んだ。壮太が女児とおもちゃの取り合いをしていたのだ。奈津子は壮太を叱ったが、女児をピシャリと叱ったのは、ベビーシッターの坂部深雪(伊藤歩)だった。深雪は、女児の母親が出張の間だけ世話を請け負っていると言い、奈津子にスタッフカードを手渡した。帰宅後、奈津子はそのことを浩太郎に話すと、他人に預けるなら母親の小山周子(松原智恵子)に頼んだらどうか、と言われてしまう。
 翌日、営業開発部の会議で、急成長中の回転寿司チェーン店のことが話題になった。広告費は前年比500%だが、すでに別の広告代理店が食い込んでいてアポすら取れないという。実はそこは、5年前に奈津子が社長に指名され、宣伝を頼まれた店だった。奈津子は早速、部員を連れ社長を訪ねるが…。

kiranatu1_3出典:番組公式HP

『営業部長 吉良奈津子』第1 話の個人的な感想

育休明けママドラマということで、同じ境遇のママには賛否両論ありそうなこのドラマ。

実際は、配置替えや時短勤務で復帰できるなら万々歳で、そうゆう制度のない小さい会社なら辞めざるを得ないのが現実なのに、主人公の松嶋菜々子さんは、元いた激務の職場への復帰を希望していますよね。

それでいて、18時きっかりに帰る前提だったとか・・・。

「夫には迷惑をかけないつもりだった」

とか、問題予測能力が低すぎるのでは!?と思ってしまいました。

「時間に融通が利く仕事だし、家でもできる仕事。プレゼンのときだけ協力してもらえれば」

なんて発言していましたが、広告代理店の第一線で戦っている人たちがいたら、そんな簡単な仕事じゃない!って怒り出すんじゃないかな~と思ってしまいました。

実際、自分には役不足だと不満に想っていた配置替えしてもらった部署でさえ、早々に仕事が大変になって夫婦喧嘩が起こってしまうし。

原田泰造さんは、優しい旦那さん役も似合いますが、怖い役もできますので、今後豹変して嫌な旦那になってしまわないかが心配です。

そして、謎のベビーシッター!

吉良奈津子は昔から“鼻持ちならない女”だったので、恨みを抱いてわざと近寄ってきたか?

息子はとてもなついているので、母親業を人に託して仕事に没頭してしまった結果として、母親ポジションまで奪われそうになって主人公が焦る・・・ってゆう展開が予想できますね。


実際、『やまとなでしこ』で絶頂期のお姫様として君臨していた松嶋菜々子さんが、結婚出産を経て戻ってきた時には、他の若い女優さんたちにそのポジションは取られていたわけで・・・。

それでも“松嶋菜々子”ブランドで、“デキル女”や“美人”の役は来るけれど、独身時代とは違ったポジションでまたのし上がれるかどうかという本当の実力が試される・・・松嶋さん自身と重なるような設定が見所ですね!

『営業部長 吉良奈津子第1 話の視聴率について

第1話の視聴率が10.2%

久しぶりの松嶋菜々子さんのドラマですから、やはり2桁をマークしましたね!

女性の産後の職場復帰という社会的な意味のあるドラマなので、制作側もその辺りをしっかりと解決策を交えながら制作してほしいですね!

また、松嶋菜々子さんのファッションにも注目ですね!

謝らない営業開発部長の来週のがんばりに注目ですね!

 

 

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『営業部長 吉良奈津子』の第 1   話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  営業部長 吉良奈津子のキャスト相関図やロケ地!ドラマの視聴率も

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ