スポンサード・リンク

広末涼子、ドラマ『ナオミとカナコ』で小田直美役に決定!高い演技力に注目

広末涼子さんが、2016年1月スタートの新ドラマ「ナオミとカナコ」(フジテレビ系、毎週木曜22時~)で、百貨店の外商部でバリバリ働く勝気なキャリア・ウーマンの主人公・小田直美役を演じることが決まりました。

連続ドラマに登場するのは久しぶりの広末涼子さん、ドラマ「ナオミとカナコ」の役、小田直美や、過去の出演ドラマ、高い評価を受けている演技力などについて、ご紹介します。

 

広末涼子さんが演じる、ドラマ「ナオミとカナコ」の小田直美とは

広末涼子-ドラマ「ナオミとカナコ」-画像出典:http://www.oricon.co.jp/news/2062269/full/

広末涼子さんが、ドラマ「ナオミとカナコ」で演じる、小田直美(ナオミ)は、百貨店の外商部で働く勝気なキャリア・ウーマン。

望まない職場で憂鬱な日々を送っています。

内田由紀さん演じる服部加奈子(カナコ)とは同級生という間柄です。

DV(ドメスティックバイオレンス)に苦しむカナコとそのことを知ったナオミが、協力して、カナコのDV夫を排除すべく、完全犯罪の殺害計画を立てることから、ドラマが始まります。

広末涼子さんはこのドラマについて

女性の心理を深く切り取るストーリーとそのサスペンス性に多くの女性が共感してくれるのではないかとワクワクしています。

ドキドキ、ハラハラ、絶対に木曜日の夜を心待ちにしていただける作品になると思います。

と、コメントしています。

高い演技力が評価されている広末涼子さんが、どんなナオミ役を演じるのか、楽しみですね!

 

広末涼子さんがドラマ「聖女」で演じた悪女役の評判は?

広末涼子-ドラマ「聖女」-画像出典:http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-2703144/

広末涼子さんは2014年8月からNHKのドラマ10時枠で放送されたドラマ「聖女」で、初の悪女役を演じました。

広末さんが演じたのは、連続殺人および殺人未遂の容疑者・肘井基子。

美術コーディネーターを自称するが、実際は資金援助をしてくれる男性とつきあうことで生計を立てており、独特の恋愛観を持っているという難しい役どころ。

このドラマ「聖女」の広末涼子さんの演技についての評判はどうだったのでしょうか?

広末さんが持つ独特な色気はこれからの女優としての武器になるでしょう。 ただそこに居るだけで絵になってしまう稀有な女性です。 女おんならしい広末さんがもっと見たいです。 聖女の基子のような陰のある役もすばらしかったです。

広末さんは、華があるんですよね。ぱぁ〜とした、華やかさ。なぜなのか?やはり、もともと広末さんが持つオーラかな。嫌な女を演じても、つい、見てしまうような、引き付けられるのです。

広末涼子さんの基子が大好きです。どのシーンも印象的な表情をしてて、忘れられない。けっしてしつこい芝居ではないのに、独特の雰囲気で圧倒されました。守りたいような助けてあげたいような儚さと強さが同居してて。孤高な美しさを広末さんが見事に演じてました。好きになりました。

「聖女」を見ていなかった人も、広末涼子さんがどんな悪女役を演じたのか気になるようなコメントばかりですね!

 

広末涼子は映画「はなちゃんのみそ汁」で高い演技力を評価され、キャリア功労賞を受賞!

広末涼子-ハワイ国際映画祭授賞式-画像出典:http://mdpr.jp/cinema/detail/1543003

広末亮子さんが出演した、映画「はなちゃんのみそ汁」は2016年1月9日から全国で公開されます。

この「はなちゃんのみそ汁」で、広末さんは結婚、妊娠、出産という女性としての人生の転機を、がんと闘いながら乗り越え33歳という若さでこの世を去った実在のヒロイン、故・安武千恵さんを演じました。

そして、「第35回ハワイ国際映画祭」で、日本人女優としては初となる「キャリア功労賞」を受賞しました!

「キャリア功労賞」は、これまでのキャリアを総括して評価された俳優・女優に贈られる名誉ある賞です。

過去の受賞者には、海外ではサミュル・L・ジャクソンという大物、日本人では渡辺謙や役所広司という大御所が名を連ねています。

  

広末涼子さん演じるナオミの演技、ファッション、髪型にも注目!

スポンサード・リンク

広末涼子さんが演じるナオミ、とても楽しみですね!

今回は連ドラの中で、キャリアウーマン役のナオミを演じる広末涼子さんの髪型やファッションも女性としては注目していきたいポイントです。

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ