スポンサード・リンク

逃げるは恥だが役に立つ3話ネタバレあらすじ!キャストの感想や視聴率

2016年10月11日火曜夜10時(初回15分拡大)からスタートする「逃げるは恥だが役に立つ」。

主演は、新垣結衣さんです!

新垣結衣さんが契約主婦になるなんて、男性ならだれもが望んでしまいますね!

第2話の放送が終わりましたね。

三栗野両親には第1話で結婚報告をしてましたが、津崎家の両親にはまだ報告していないんでした・・。

そして、両家を引き合わせる婚姻の儀を行うことに!

しか~し、みくりと津崎は結婚式を上げないと提案・・。

やはり、主従関係の仲なので事実婚という形をとったんですね。

でも、みくりが毎日いる生活もなかなかいいもんでしょうね!

男性なら考えちゃいますね!!

そして、津崎の職場の同僚が自宅に遊びに来ます。。単なる、冷やかしなんでしょうね。

でも、シングルベッドしかない寝室を見られてしまうのでした。。

津崎の結婚オーラがないせいか、結婚を怪しまれてますね。

今回は、「逃げるは恥だが役に立つ」第3話のあらすじや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

逃げるは恥だが役に立つ』第3話の個人的な感想

ガッキーの”恋ダンス”が可愛すぎると話題で、ドラマの視聴率も好調な「逃げ恥」!

ガッキーが超絶かわいいのは当たり前ですが、かわいいのはガッキーだけではなかった!

今回は、自分でも制御できない心のモヤモヤとドキドキを抱え込み、行動がおかしくなっちゃってる星野源さんがかわいすぎました!

みくりを意識するあまり、「いっそ彼氏になったつもりで擬似恋愛を楽しむ!」と決めた津崎。

「おかえりなさい」とみくりの笑顔に、「お、おう・・・ただいま。・・・帰りました」と、キョドりすぎて悶絶するほど可愛かったです!!

そして、イケメンの同僚・風見(大谷亮平)とみくりが仲良くなってしまったことで、モヤモヤ倍増、劣等感に苛まれる津崎ですが、そんな津崎にみくりが「私は津崎さんが一番好きですけど」とさらっと告白。

実際、一緒にいて緊張するイケメンよりも、津崎のような和み系のほうが女子には人気あるんですよね。

だから、今の時代草食系がモテる!風見は目の保養であって、一緒にいるには疲れちゃいそうですよね~。

その点、津崎は本当に和む。かなり魅力的!

でも、一緒にいて和むからの「好き」ってのも、恋心とはまた違いそうで考えものですね。

意識していないからこそ、あんなにさらっと「好き」と言えちゃうんでしょうし。

そんな中、二人の契約結婚に気づいた風見が、なんとみくりをシェアする“シェア婚”を津崎に提案!

なんかとてつもなく面白いことになってきました~!

風見の巻き起こす三角関係に、ぐっと津崎の気持ちも高まってしまいそうですね!

逃げるは恥だが役に立つ』第3話の視聴率について

発表後に更新します。

スポンサード・リンク

逃げるは恥だが役に立つ』第3話のあらすじ

第3話のあらすじです。

nige3_2晴自分の布団に残ったみくり(新垣結衣)の匂いに惑わされ、“プロの独身”のポリシーが保てなくなることを恐れた津崎(星野源)は、急にみくりに対して心を閉ざしはじめる。異性であるみくりとの距離をおくため、2LDKの部屋に引っ越そうとまで言い出し、態度が急変した津崎の心理がわからず頭を抱えるみくり。食卓での会話も徐々にぎこちなくなっていき、家では緊張感が漂いはじめ…。

一方、勘の鋭い津崎の同僚・沼田(古田新太)は、先日訪れた津崎宅の寝室にシングルベットがひとつしかないことから、みくりたちの夫婦生活に疑いの目を向けはじめる。後輩の風見(大谷亮平)も、沼田の推理には納得の様子だ。

 ある日、偶然街中で風見と遭遇したみくりは、ただのイケメンではない風見の意外な面に好感を抱き、何の悪気も無く津崎の前でも風見の話題をよく出すようになる。“夫”として、みくりと風見の親しげな様子に益々複雑な心境の津崎は、「雇用契約書」に、新たに《恋人または好きな人が出来た場合》の項目を作成しはじめ…。

 

nige3_1

そんな中、互いに気持ちの整理がつかないまま、ひょんなことから風見、沼田、百合(石田ゆり子)と共にぶどう狩りに出かけることになったみくりと津崎。開放的な空間で素直な胸の内を話し合い、気まずかった2人の関係が修復されたと思われたが…。その矢先、津崎は、風見から衝撃の言葉を耳にする。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第3話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  新垣結衣のドラマ「逃げるは恥だが~」あらすじネタバレやキャスト、主題歌も

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ