スポンサード・リンク

ドラマ「奥様は取り扱い注意」第4話は読書会と誘拐!あらすじと感想

2017年10月水曜夜10からスタートする

「奥様は、取り扱い注意」。

主演は、綾瀬はるかさん

閑静な住宅街に住むセレブ奥様という感じではなく・・

色々と悩みを持っている人が多い住宅街だったんですね。

これからゲストで出演する主婦たちが、

どんな秘密を隠し持っているか

どうやって悩みを解決するのか

楽しみが増えましたね。

今回は、ドラマ「奥様は取り扱い注意」の第4話のあらすじネタバレや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

 『奥様は取り扱い注意』第4話の個人的な感想

今回は子供の誘拐事件発生!

同じような年齢の子供がいる身としては、ドラマといえでもドキドキしてしまいました・・・!

犯人は夫の愛人(佐野ひなこ)。

夫が軽率に不倫の末妊娠させてしまい、子供を堕ろさせたことが犯行の動機でした。

全く世の中の不倫夫はどうしようもないですね!

こんなことで大切な子供に危害を加えられてしまうなんて、絶対に許せません!

今回のゲストの子供の母親(星野真里)は、最終的には不倫夫と離婚したそうですが正解ですよね。

さて毎回、カルチャー教室(今回は読書会)などで出会った主婦友の元に起こる事件を解決していく菜美(綾瀬はるか)ですが、菜美の住んでいる高級住宅街は平和な町という設定ですが、本当に事件ばかりが起きて物騒な町ですよね・・・。

この型にはまった水戸黄門スタイルも安定して見ていられるのはいいのですが、だんだん展開がワンパターン化して飽きてきましたね。

そろそろここらで優里(広末涼子)や京子(本田翼)の問題などにも迫って行って欲しいところです。

『奥様は取り扱い注意』第4話の視聴率について

第4話の視聴率は、11.2%と先週よりは1ポイント落ちていますがしっかり10%超えてきてますね。

綾瀬はるか&西島秀俊のいい雰囲気は羨ましい限りですね!

 

スポンサード・リンク
  

 

『奥様は取り扱い注意』第4話のあらすじネタバレ

第4話のあらすじです。

奥様は取り扱い注意 

町内の豪邸に住む主婦・美佐子(星野真里)が開いている「読書会」に参加することになった菜美(綾瀬はるか)と優里(広末涼子)、京子(本田翼)。美佐子の息子・悠斗の可愛らしさと聡明さに刺激を受けた菜美は、子どもが欲しいと勇輝(西島秀俊)に言いかけるが、はぐらかされてしまう。

数日後。悠斗が誘拐される事件が発生!犯人は翌日までに1億円支払うよう要求し、警察に通報したら息子を殺すと脅迫してきた。「読書会」のために美佐子の家を訪れ、事情を聞いた菜美は、自分たちだけの手で事件を解決しようとする美佐子の夫・光雄(古屋隆太)の頑なさに違和感を抱く。

光雄が金策に奔走する中、悠斗の家庭教師・真純(佐野ひなこ)が美佐子の家に現れた。その直後、犯人から身代金の受け渡しに真純を指定するメールが届く。その文面にもおかしなものを感じた菜美は、美佐子の家に泊まり込むことに。

翌朝。かき集めた7000万円で手を打ってくれるよう、犯人との交渉に挑む光雄。しかし、悠斗を誘拐した大学生・秀人(柾木玲弥)が悠斗に顔を見られてしまったことから事態は急展開し始めて…。

果たして菜美は真犯人を突き止め、悠斗を取り戻すことができるのか?そして真犯人が悠斗を誘拐した本当の目的とは…!?

okusama_2

 

 

 

奥様は取り扱い注意の予告動画

ドラマの予告がありました!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『奥様は取り扱い注意』第4話のあらすじについて紹介しました。

久々に主演で登場する綾瀬はるかさんはセレブな妻を演じるものの・・・家事・炊事がダメながら他の主婦の悩みを解消するために奮闘します!アクション?有りなドラマぶっちゃけ面白そうですね!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  ドラマ「奥様は取り扱い注意」キャストやネタバレのあらすじ!相関図や主題歌も



関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ