スポンサード・リンク

『世界一難しい恋 セカムズ』5話の感想と視聴率11.5%ネタバレも

大野 智さん・波瑠さん出演の

『世界一難しい恋』

第4話の放送が終わりましたね。

『お前が好きだっ』

和田社長から伝授してもらったノウハウを駆使したものの、キャラが有ってなかったんでしょうね、上手くいかなかったのに・・

ボロッとコクる所が、

鮫島メダカワールドの力

ですね。

今回も波瑠さん・・めちゃ可愛かった~!羨ましい職場ですよねぇ。

でも社内恋愛は、時間を共有できる反面・・上手くいかなかったときは泥沼ですしね。

社長と新人社員という微妙な設定ですから、新人社員側としては・・非常に考えるでしょうね。

この恋は始まることができるのか、それとも・・・社員と社長の壁を越えられないのか・・・楽しみですね。。

今回は、ドラマ『世界一難しい恋』の第5話のあらすじや個人的な感想・視聴率について調べていきたいます!

『世界一難しい恋』第5話のあらすじ

sekamuzu5_1出典:番組公式HP

ついに、美咲(波瑠)に「好きだ」と告白した零治(大野智)。美咲からの答えは「考えさせてください」だった。なぜ美咲がそんなことを言ったのか、零治には理解できない。その話を聞いた舞子(小池栄子)は、美咲が零治との未来を真剣に考えた上での発言だと励ます。しかし、零治は前向きにとらえられない。

数日後、零治は、美咲とエレベーターで二人きりになる。答えが欲しくて仕方ない零治に美咲は「もう少し時間が欲しい」という。零治は、ますます不安に。
そんな中、零治は石神(杉本哲太)から、結婚の報告を受ける。石神は、零治と舞子を差し置いて自分だけ幸せになることを申し訳なく思っていた。

零治は会議で、鮫島ホテルズ金沢で利用頻度の低い託児スペースをなくしてシルバー層向けのサービスに活用するというアイデアを出す。社員が次々と賛成しているにもかかわらず、美咲だけが託児スペースの廃止に反対。自分にたてつくような美咲の態度に、「あの堂々たる反対ぶり、美咲は断るつもりでは」といら立つ零治。

彼は、空気を読まない正義感を持つ美咲が小学校の頃の学級委員に似ているから懐かしく思っただけで、恋ではなかったと言い出す。待たされるのが嫌いな零治の困惑は深まるばかり。舞子は、現実から逃げてはいけないと零治を諭し、和田(北村一輝)に相談するよう勧める。

零治は、和田に相談することに。美咲の返事を待つのが辛いという零治に和田は「待っている間に何をするかで恋が成功するかどうかが決まる」とアドバイス。零治は、今まで学んだ恋愛のスキルを総動員すれば、OKの返事が来る可能性が高くなると考える。
自分のイメージアップのために、美咲たち社員を招いて石神の結婚パーティーを開くが…。

sekamuzu5_2出典:番組公式HP

『世界一難しい恋』第5話の個人的な感想

スポンサード・リンク

放送終了後に更新します。

『世界一難しい恋』第5話の視聴率について

発表後に更新します。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『世界一難しい恋』の第5話のあらすじや個人的な感想について紹介しました。

今後の活躍に期待しましょう!

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ