スポンサード・リンク

『世界一難しい恋 セカムズ』9話の感想と視聴率13.0%ネタバレも

大野 智さん・波瑠さん出演の

『世界一難しい恋』

第8話の放送が終わりましたね。

鮫島社長と別れた柴山美咲との復縁を狙う社員達でしたが・・企画むなしく送別会でも二人はケンカしてしまいます。

鮫島社長の心の小ささはなかなか無い武器ですね!

ある意味、最初は鮫島風から和田社長風に流すとおおらかさが有ったりするのかもしれないですね。

そして前回、和田社長の誘いを断った秘書の舞子。

和田社長から自分の事が好きだと知った鮫島社長は、次第に意識してしまい、舞子への態度がおかしくなっていますね。。

恋の間男じゃないですが、別れた鮫島社長は・・小さい心の寄り処を求めているんですよね。

そこに自分に好意が有る女性がいたら、勘違いしてしまうのもわかりますが、そこは、秘書の舞子さんが非常に大人の対応でした。

弱っている自分に好意を寄せる異性がいた時に恋と勘違いしてしまう事を知っており、鮫島社長のお誘いを丁重にお断りします。

そしてそれまでの事を伝え、本当に好きなことを考えてと言います。。

直ぐにスーツに着替える鮫島、そして美咲さんの好きな緑のネクタイ。

自分の父親が勇気を振り絞り、プライドを捨てて息子のところに来たように、鮫島社長もステイゴールドホテルに向かいます。

なぜって。。

柴山美咲がステイゴールドホテルでコンシュルジュをしているからです。

コンシュルジュに相談するように過去になってしまった自分の無礼をどう謝り、接しればやり直せるか相談します。

当然、コンシュルジュ(本人)の意見は厳しいもので上手くいかないでしょうと言われます。

今までは、ここで鮫島社長もブチ切れて破たんしていたんですが・・成長して、美咲の冷たい言葉をなんで言われるのかを理解しながら、一歩ずつ近づこうとストーカーのように頑張ります!

よし!

散々、嫌がられながらも相手からのメールがくる所まで仲直りしたんです!まっ、正直、もう少し舞子さんネタで伸ばすかと思っていたので、復活の種まきが意外にスムーズにいったなと思います。

来週はどのような接し方になるか、本当に楽しみですね!

今回は、ドラマ『世界一難しい恋』の第9話のあらすじや個人的な感想・視聴率について調べていきたいます!

『世界一難しい恋』第9話の個人的な感想

スポンサード・リンク

第9話の放送が終わりましたね。

前回の後半、鮫島社長は、もう一度、柴山美咲とまっすぐ向き合い、お互いに良い所以外を深堀りして、相手の悪い所を理解するように頑張り出したんです!

結果・・・、メールで「少しの間は会いたくないです」ときっぱりお断りが。

そんな美咲は行動を確かめるように相談していると・・・、夢の実現の仕方が鮫島と似ている事を知ります。。

美咲は別れたのに・・ほかの男性との出会いではなく・・社長との齟齬を考えているなんて。。

真面目オーラでいいじゃないですか!

恋愛の初歩、つまり相手の事をもっと知りたいについて、お互いが深堀りを始めた感じですね!

『世界一難しい恋』第9話の視聴率について

職場でも評判のセカムズですが、やはり視聴率もしっかりとついて来ていて

最終話前の第9話は13.0%と若干上げてきてますね!

鮫島社長と復縁した美咲。。

ラスト一話でどこまで進展するのか来週が待ち遠しいですね!

『世界一難しい恋』第9話のあらすじ

sekamuzu9_1出典:番組公式HP

美咲(波瑠)ともう一度やり直したい零治(大野智)は、自分の欠点と美咲の欠点を認めて受け入れると宣言。
零治の申し出に対し、やり直すには条件があると答えた美咲。
追ってメールで連絡すると告げる。その連絡メールには「しばらくお会いしたくありません」という一言が。

零治は美咲の意志を尊重し、彼女と距離を置くことに。

零治は三浦(小瀧望)から、毎朝の通勤途中に美咲とすれ違って挨拶しているという話を聞く。

偶然を装って美咲と会おうと考えた零治は、自分も自転車通勤をすると言い出す。

しかし、美咲には会えずじまい。
美咲との約束を守りつつ、美咲に会うにはどうしたらいいかと試行錯誤する零治。
美咲と偶然すれ違うためにステイゴールドホテルの近くにオフィスを借りようと物件を探していた零治は、風船を配っているゆるキャラを見かける。
これなら美咲に気づかれずに会えると、零治はゆるキャラの中の男・藤田(上島竜兵)に、着ぐるみを貸してほしいと頼む。
藤田の特訓の末、ゆるキャラとして着ぐるみを着て街に出た零治。彼が人々とふれあっているところに、美咲が現れるが…。

sekamuzu9_2出典:番組公式HP

 

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『世界一難しい恋』の第9話のあらすじや個人的な感想について紹介しました。

今後の活躍に期待しましょう!

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ