スポンサード・リンク

セシルのもくろみ 第6話のあらすじと感想。もくろみの後半戦開始

2017年7月木曜夜10からスタートした

「セシルのもくろみ」。

主演の真木よう子さん

読者モデルとしてのラスト企画「ミヤジ改造計画 寺修行で女を磨く」も終わり

モデルの表現を全て文章にして読者に伝えるために編集に明け暮れる絵里。

編集をしてミヤジがモデルとしてどうしたいのか本当の言葉を聞くことができ、モデルを続けていけるよう頑張りますが、読モを卒業してしまいます。

読モを卒業しても、モデルトレーニングで続けるミヤジ。

夕方、マラソンをしていると、目の前には絵里が。

もしや。

絵里からミヤジへの感謝の言葉とお別れの言葉でした。

え。。

終わりが近づいているんですか?

女性の戦いは?

と思ったら、来週は専属モデルで復帰の話が出てくるんですね。

打倒、ハマユカの復活ですね。 

今回は、ドラマ「セシルのもくろみ」の第6話のあらすじネタバレや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます! 

『セシルのもくろみ』第6話の個人的な感想

5話で読モ企画廃止となって、奈央(真木よう子)と江里(伊藤歩)の別れが切ない最終回のような展開だったので、今回の6話から奈央の再出発!第2章的な感じですね!

なんと、奈央がVANITYの専属モデルとして引き戻されることとなったのです!

それだけでもびっくりなのに、なんと有名海外ブランドとのタイアップ企画のモデルに抜擢されるという奇跡の連続!

専属モデルになりたてで全く実績も出せていない素人が、こんな大きな企画にいきなり抜擢されて、さらに申し分のない結果を出すなんて現実ではあり得ないような話ですが、真木よう子さんのキレイさは本当に圧巻でした。

いつものガサツでガニ股で歩いているあの感じと同一人物とは思えない・・・さすが一流の女優さんですね!!

レイナ(芦名星)の嫌がらせによって、江里(伊藤歩)がVANITYを降ろされるという危機に直面し、やっと再会できた奈央と江里が再び分かれてしまうの!?という切ない展開になりかけましたが、案外あっさり江里がもう一度ガッツを見せて書いた原稿が認められボツになるはずだった企画も続行となったし、怒らせてしまった相手ブランドにも許せてもらえました。

これはかなりあり得ない夢物語かな~なんて思いましたが、リアルばっかじゃなくてこうゆう希望のあるドラマもたまにはいいかなって思います。

そして、ラストで告げられたハマユカのVANITY卒業!今後VANITYを背負っていくのは一体誰!?

『セシルのもくろみ』第6話の視聴率について

発表後に更新します。

スポンサード・リンク
 

 

『セシルのもくろみ』第6話のあらすじネタバレ

第6話のあらすじです。

セシルのもくろみ

読者モデル企画の廃止に伴い、奈央(真木よう子)は『ヴァニティ』を卒業した。一方、離婚が成立した由華子(吉瀬美智子)は、シングルマザーとして再出発することになった。。
それから数ヵ月後、奈央の前に、突然、江里(伊藤歩)が現れる。奈央が『ヴァニティ』の専属モデルとして迎え入れられることになったというのだ。実は、読者モデル企画を廃止して以降、『ヴァニティ』の売り上げ部数は徐々に落ちていた。そこで洵子(板谷由夏)は、思い切ったテコ入れをするために、奈央を専属モデルとして迎えてはどうか、と編集長の南城(リリー・フランキー)に提案したのだ。毎月の読者アンケートにも、奈央がいなくなったことを寂しがるコメントが届いていたらしい。
早速、6月号のワンピース特集に参加することになった奈央は、江里やトモ(徳井義実)の協力の下、プロのモデルとしてカメラの前に立つための特訓を開始した。だが、いざ撮影が始まると、緊張のせいか奈央は上手くポーズや表情を作ることができず、カメラマンや出番を待っていたレイナ(芦名星)の怒りを買ってしまう。
そんな中、有名海外ブランド『フェローニ』の日本上陸50年を記念した3誌限定のタイアップ企画に『ヴァニティ』が選ばれる。『フェローニ』は江里にとっても特別な思い入れがあるブランドだった。南城と洵子は、無名のモデルを起用したいという先方からのリクエストもあり、奈央を推薦することにしたが…。

セシルのもくろみ

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『セシルのもくろみ』第6話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  ドラマ「セシルのもくろみ」キャストやネタバレのあらすじ!相関図や主題歌も

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ