スポンサード・リンク

桐谷美玲主演ドラマ『スミカスミレ』ネタバレ感想やキャスト相関図

2016年2月5日(金)テレビ朝日で23時15分から放送を開始する冬ドラマ

『スミカスミレ』

に、桐谷美玲さんが主演で登場します!

『スミカスミレ』は、『Cocohana』(集英社)で連載中で、原作は高梨みつばさんの少女漫画なんです。

65才の女性がある日突然、20才の女子大生に若返ってしまうんです。男性と付き合ったこともないのに初恋にキュンキュンする生活を送ってしまうんです。想像しただけでも楽しそうなドラマですね!

すべての女性をファンタジックでキュン…とさせる世界へいざない続けている原作をベースに、ドラマ用のオリジナルを加えながら、ミステリアスな大人?のラブストーリーに仕上がっています。

そして主題歌!「恋に落ちる瞬間のときめき、そして同時に訪れる戸惑いを曲に閉じ込めました。」どんな曲か楽しみですね。

ばっちりと感想視聴率の個人的な意見などまとめていきたいと思います!

桐谷美玲さんと言えば、昨年末にドラマ『アンダーウェア』で主演を務めており、スタイル良しファッション良しで、男性にも女性にも大人気な女優さんですね!先日公開していた、桐谷美玲さん主演の映画『ヒロイン失格』は、今年の『少女漫画原作映画』部門でトップの興行成績を収めています。この映画でもヒロインの変顔や坊主頭など、今までの桐谷さんのイメージを払拭して新境地を拓くなど、精力的に幅を広げていました。

今回は、ドラマ『スミカスミレ』のあらすじやキャストの役柄や相関図や主題歌について調べていきたいます!

『スミカスミレ』のドラマ情報

 

sumika10出典:番組公式HP

 

ドラマタイトル:スミカスミレ
放送日時:毎週金曜 23時~24時
出演者:桐谷美玲、松坂 慶子、及川 光博、町田 啓太、水沢 エレナ、
    竹内 涼真、秋元 才加、高杉 真宙、高橋 ひとみ、小日向 文世 他
原 作:高梨みつば
    (「スミカスミレ」 集英社「Cocohana」連載中)
脚 本:古家 和尚
音 楽:池 頼広
ゼネラルプロデューサー:横地 郁英(テレビ朝日)
プロデューサー:大江 達樹(テレビ朝日)
        神通 勉(MMJ)
演 出:今井 和久(MMJ)
    小松 隆志(MMJ)
制 作:テレビ朝日
    MMJ

ドラマ『スミカスミレ』のはじめに

sumika2

ドラマ『スミカスミレ』のあらすじです。

この秘密は誰にも言えない…

女子大生の如月スミレ(桐谷美玲)は、実は・・65歳。
キャンパスでは、メンズから熱い視線を受けつつも・・・実は・・65年間彼氏が出来たことのない、奥手な女の子(おばさん)なのだ・・。

なぜに45歳も若返ってしまったのかそれは・・前代未聞の45歳若返りラブストーリーをスミレ(桐谷美玲)と澄(松坂恵子)が原作にないオリジナルな部分も含め演じてくれます!

原作は、『Cocohana』(集英社)で連載中で大人気の少女漫画『スミカスミレ』(高梨みつば・著)を実写化に挑戦しました。
世の女性をファンタジックでキュン…とさせる世界へいざない続けている原作をベースに、ドラマ版では新キャラクターなど独自の要素も加えながら、ミステリアスな大人のラブストーリーを展開していきます。

20代を代表する女優・桐谷美玲がそのキャリアにおいて革新的といえる芝居に初挑戦します! 
桐谷が演じる主人公・如月すみれは20歳の女子大生。
ところが驚くことなかれ、その中身はなんと如月澄という“65歳の女性”なのです! 
幼い頃から家業の手伝いに追われ、青春らしい青春を送れずにきた澄。
その後も祖母に始まり父、母の介護に生活のすべてを費やし、一度も彼氏を作れないまま、気が付けば65歳…。
誠実に生きてきたという小さな誇りを持ちながらも、彼女は母亡き後、ふと思うのです。

「もう一度若さを取り戻して、人生をやり直したい」と――。

彼女は、家の屏風から飛び出して人の姿になった化け猫・黎の謎めいた力を借りて・・奇跡が起こるのです。
翌日、目覚めると、なんと彼女は20歳の姿に! 

信じられない現実に戸惑いながらも、彼女は如月すみれと名乗り、行きたくても行けなかった憧れの大学での生活へと
もう一度青春をやり直すことになるのです。
そして、同じゼミの好青年・真白勇征との恋模様――。

思い立てば、誰でも人生はやり直せる! 

しかし、実は65歳という“誰にも言えない秘密”を抱えたすみれにとって、
その先には思いもよらない壁も立ちはだかります。
果たして、“彼氏いない歴65年の女子大生、異色のヒロイン”が身を投じる“やり直し青春ライフ”は
大波乱の連続で、どんな結末を迎えるのか…!?

制作側も少女漫画原作という枠に囚われず、意欲的でエンターテインメント性あふれる要素をふんだんに詰め込んでエッジの効いた世界観を展開しているようです。
通常の恋愛ドラマや青春ドラマとは一線を画す、先の読めない物語が楽しみですね!
出典:番組公式HPを編集

 

キャスト相関図について

番組公式HPの人物相関図になります。

sumika11

 

メインキャストについて

 

スポンサード・リンク

メインとなるキャストの役柄などをご紹介します。

 sumika17

如月 すみれ(20):桐谷美玲
如月 澄(65):松坂 慶子

如月すみれは65歳の如月澄が20歳となった姿。若返ったことで澄ではなく、如月すみれとして、大学生活を送ることになる。
厳格な父親の方針で、子どもの頃から高校卒業まで友達との遊びより、花農家と生花店を営む家の手伝いを優先。高校の成績は優秀で大学進学を希望していたものの、事故に遭った祖母の介護と家事のために断念した。その後も祖母、父、母の介護をやり遂げ、恋愛経験も男性経験もなく、独り身のまま60代に突入。
大学生活や恋、青春を経験できなかったことを悔やんでいる。。

sumika12

黎(れい):及川 光博
すみれ(澄)の家にある屏風に封じ込められていた化け猫。
65歳の澄を20歳の姿へと若返らせることになる。
そして、「主」と定めたすみれを怖がらせることなくサポートするため、人間の姿をとっている。

sumika13 真白 勇征:町田 啓太
すみれと同じ黒崎ゼミに所属している椿丘大学の2年生。
明るく誠実で、自分の考えをちゃんと持った好青年。
バスの中で母の骨箱を落としそうになった澄を助けたことがあるが、目の前のすみれがその時の女性だとは知る由もない。
父親は地元の名士だが、父親との間には確執がある。

sumika14

幸坂 亜梨紗:水沢 エレナ
真白に想いを寄せる椿丘大学・黒崎ゼミの2年生。
気に入らない相手には嫌がらせをする女王様気質。
真白と距離を縮めるすみれに嫉妬し、意地悪をする。

sumika15

辻井 健人:竹内 涼真
真白の友達。椿丘大学の2年生。
すみれや真白と同じ黒崎ゼミに所属している。
明るい性格で、ゼミの盛り上げ役。悪意はないが口が軽い。
真白と同じアルバイトをしている。

sumika16

由ノ郷 千明(よしのごう・ちあき):秋元 才加
黒崎ゼミの学生だが、人間関係がイヤになり大学を休んでいる。
 sumika21 加藤 菜々美(かとう・ななみ)(20):小池 里奈
亜梨紗の友達。ぶりっ子で、裏表がある。亜梨紗と一緒になって、すみれに意地悪をする事も多い。
 sumika22 大浦 玲那(おおうら・れな)(20):谷川 りさこ
亜梨紗の友達。菜々美とも仲が良い。自分たちのノリを大事にするあまり、すみれにキツイ事を言う。
 sumika23 西原 美緒(にしはら・みお)(19):小槙 まこ
黒崎ゼミに所属している学生。神出鬼没で無口だが、すみれにアドバイスをくれる事もしばしば。
 sumika24 叶野 りょう(かのう・りょう)(21):梶谷 桃子
慶和の彼女で、慶和のダンスを応援している。寺に自由に出入りしている。
 sumika25 黒崎 明雄(くろさき・あきお)(52):小須田 康人
椿丘大学の教授で、メディアコミュニケーション学が専門。飄々とした性格で学生からも人気がある。
 sumika18 天野 慶和(あまの・けいわ)(23):高杉 真宙
住職・天野早雲の息子。修行中の身だが、読経にダンスを取り入れようとするなど僧侶らしからぬ軽いノリで、早雲からたしなめられることもしばしば。
 sumika19 小倉 富子(おぐら・とみこ)(55):高橋 ひとみ
如月家の隣人。
澄の飼い猫・じゅりのことで言いがかりをつけるなど、何かと面倒くさい主婦。ところが、澄の遠縁の者だと名乗るすみれと黎に会った直後から、なぜか好意的な態度に変わり…!?
 sumika20 天野 早雲(あまの・そううん)(58):小日向 文世
如月家の墓を管理している「天楽寺」の住職。霊感が強い。如月家を訪れた際に、普通の人は気づかない“匂い”を感知。やがて、如月家に何か秘密があると嗅ぎ付ける。

主題歌「スミレ」を歌う「秦 基博」のコメント

今回、主題歌『スミレ』を歌うのは、シンガー・ソングライター秦 基博さん(36)。

今迄は、映画やCMソング等を数多く手掛けてきており、連続ドラマの主題歌は初めてとの事です。

『スミレ』はドラマのために書き下ろした新曲です。

秦さんは原作マンガを読んだ上で、主題歌としてアップテンポなラブソング「スミレ」を制作しました。

この曲に込めた思いを次のようにコメントしています。

金曜ナイトドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』の主題歌「スミレ」を書き下ろしさせていただきました。
恋に落ちる瞬間のときめき、そして同時に訪れる戸惑い、そういったものを曲の中に閉じ込めました。
また、ドラマと寄り添うように、謎めいた、そんな部分もサウンドに表していますので、ドラマと共に是非、この楽曲もお楽しみいただければと思います。
出典:番組公式HP、日刊スポーツ

恋に落ちる瞬間のトキメキ!そして戸惑い。。

ドラマを見ている中で『スミレ』を聞きながら、どのようなトキメキや戸惑いを感じるのか今から楽しみですね!

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『スミカスミレ』の、あらすじやキャストの役柄や相関図や主題歌について紹介いたしました。

2016年2月5日(金)の23時15分からテレビ朝日で放送が開始されますので、是非お楽しみください!

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ