スポンサード・リンク

『スミカスミレ』第2話の視聴率4.6%!感想やあらすじネタバレ

桐谷美玲さん主演の『スミカスミレ』の第2話の放送が終わりましたね!

一言!

桐谷美玲さん、やっぱり可愛いにつきます。

主人公の如月 澄は、家業の花屋を手伝い、忙しいまま結婚もせず65歳に・・。

そして母親の死と共に介護生活のピリオドを打ちます。

母親の遺影を若い写真にするためにアルバムを探していると、屏風を見つけます。

それには黒くて大きな猫がジロリと見ていて、子供の頃に嫌がっていたものなのです。。

懐かしく見ながら額縁を触ろうとすると、指にささくれが刺さります。

痛みをこらえて、ささくれを抜くと、屏風の黒猫に血がかかってしまうのです、そして、なぜか血は屏風に吸われて消えるのです・・。

その夜、家業の手伝いの為に大学に通えなかったことや、引きこもり系で大学に行っている友人と連絡を取らなくなったこと等々・・涙しながら後悔するのです。すると、澄の前には人の三倍はあろう黒猫の化け物が・・。

化け猫は屏風に閉じ込められていたようで、処〇の血をかけると屏風から出ることができ、その血をかけた主の願いをかなえ成就すると、化け猫は呪縛から解き放たれるようなのです。

澄は・・・化け猫に願いの事を確認されるも・・現実視できなません。すると、化け猫は人の姿になるのでず、名は「零」。

化け猫から人へ・・澄は気を失うのでした。

零は、澄の願いを聞くために、口移しで化け猫の生気を注入!します。

翌朝・・、澄が目覚めゴミ捨てに走り、収集車に追いつくと・・男性が・・澄の姿を見て欲情します・・。

なんと20歳に若返っていて着崩した着物をきているんです。。そりゃ見る眼が変わりますね!

家に戻り、零から事情を聞くと・・65歳の老婆は、20歳の大学生に戻り、過去出来なかった勉強、大学生活、そして恋愛をしようと決断するのです!

 

2016年冬ドラマは、ちょっと暗めなドラマが多そうな中で、恋愛ありのファッション的にもお洒落感ありの楽しめて見れるドラマですね。

 

今回は、ドラマ『スミカスミレ』の第2話のあらすじや個人的な感想や視聴率について、まとめてみました。

 

『スミカスミレ』第2話のあらすじ

ドラマ『スミカスミレ』の第2話のあらすじです。

sumika29出典:番組公式HP

化け猫・黎(及川光博)の術で20歳の姿になった65歳の澄(松坂慶子)は、すみれ(桐谷美玲)と名乗って大学に通い、青春をやり直すことに。ところが深夜になると、すみれは65歳の姿に戻ってしまうことが判明する。実は、術の効果を安定させるためには、すみれが“ある条件”を満たすことが必要だったのだ。
 

スミカスミレ第2話あらすじ1-画像出典:番組公式HP

そんな中、バレンタインデーが近づいてきた。ゼミ仲間たちがそわそわし始める一方、ウブなすみれにはチョコレートを渡す相手も勇気もない。だが、折しも同じゼミの真白勇征(町田啓太)から連絡先を聞かれたすみれは、人生初の出来事に鼓動を高鳴らせて…。

 その矢先、すみれは同じゼミの学生・由ノ郷千明(秋元才加)がずっと大学を休んでいることを知る。どうやら、幸坂亜梨紗(水沢エレナ)率いる女子グループと揉めたことが原因らしい。このままでは、せっかく入った大学を中退になるかもしれない…。心配したすみれは、会ったこともない千明の家を突然訪ねるという行動に。何とか話を聞いてもらおうとするが、千明は聞く耳を持たず、クラブへ夜遊びに出掛けてしまう。だが、すみれは諦めず、千明を追って店内へ。そこで、“思わぬ危機”がすみれを襲い…!
出典:番組公式HP

スミカスミレ第2話あらすじ3-画像出典:番組公式HP

 

『スミカスミレ』第2話の個人的な感想

スポンサード・リンク

『スミカスミレ』の第2話は、すみれ(桐谷美玲)が大学を休学中の由ノ郷千明(秋元才加)のことが気になって、何度も家に押しかけたり、しつこく追い回すところが印象的でしたね。

若い頃に家の事情で大学進学をあきらめたことを後悔していたすみれ(桐谷美玲)は、由ノ郷のことが気になってしかたなかったのでしょう。

「ウザい」「2度とこないで!」と言っていた由ノ郷も、すみれの熱意に負けて、少しずつ変化してきましたね。

1話ではあんなに気弱だったすみれ(桐谷美玲)が幸坂亜梨紗(水沢エレナ)に「めっ」というシーンも印象的でした!

「めっ」というのがおもしろいのですが、本人はいたって真剣なところが、このドラマのおもしろさですね!

松坂慶子さんの持つほんわかした優しさを桐谷美玲さんがしっかりリンクするように表現できているのも、すごいですと思いました。

 

『スミカスミレ』第2話の視聴率について

初回放送の視聴率は7.8% と、低迷していますが、金曜日の23時の枠という事を考えると、21時、22時のドラマの数字と同じ感覚で考えられないところが有りますね。

第2話は落ち着いて少々落ち気味になる視聴率ですが、第2話の視聴率も4.6% ときっちりと落ちてきてました。

桐谷美玲さん主演という事で話題性はあるんですが、前回のアンダーウェアと同様に放送時間の辛さが目立ちますね。。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回はドラマ『スミカスミレ』の第2話のあらすじ、個人的な感想、視聴率について紹介しました。

今後の展開が楽しみですね!

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ