スポンサード・リンク

『東京タラレバ娘』2話のネタバレとキャストの動画と感想・視聴率

2017年1月18日水曜夜10時からスタートする

「東京タラレバ娘」

主演は、朝ドラ「花子とアン」ですっかり老若男女から認められる女優となった

吉高由里子さんです!

このドラマは、高校時代からの親友である

吉高由里子さん、

大島優子さん、

榮倉奈々さん

三人が主演とも言える・・・・、

独身・彼氏なしのアラサー女子が・・・・

恋に仕事に悩む姿を描いた物語です。

第1話の放送が終わりました。

原作が漫画から入っているので、時々、漫画っぽい展開になりますが、

まさにアラサーの仲の良さと・・仕事と恋に悩みまくる感じがひしひしと伝わってきますね。

タラレバの女子3人が幸せに来る日が来るのか楽しみですね!

今回は、ドラマ「東京タラレバ娘」の第2話のあらすじネタバレや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

『東京タラレバ娘』第2話の個人的な感想

倫子(吉高由里子)とKEY(坂口健太郎)、香(榮倉奈々)と再会した元カレのチャラチャラバンドマン・涼(平岡祐太)がそれぞれ一夜を共にしてしまうという急展開!

男に遠ざかっていた二人に突然転がり込んだチャンス(?)に流されてしまう感じはとってもリアル。

現実にはこんなイケメンの芸能人に迫られるアラサーってのがありえない設定なんだけど、主人公たちの流され具合がとってもリアルで、もし自分だったらどうしてたかな・・・?なんて本気で考えちゃいました。

まんまと共感させられてる・・・!

香のほうは完全に遊ばれてるだけって感じで、この先この恋がうまくいく手応えは全くありませんが、倫子のほうはKEYの亡くした“知り合い”(彼女!?)が倫子によく似た性格をしていたということを匂わせていたので、けっこう深い感じかもしれないですね。

ドラマでは、「本気で好きになれる相手と出会う」みたいなロマンチックな話が描かれがちですが、行きずりで関係を持ってしまってその後感情が後からついてくるってゆうのも現実ではかなりアリかもしれませんね。

そういった“人には言えないだらしない恋愛”を、等身大の主人公たちがどうやってもがきながら掴んでいくのか、とっても続きが楽しみです!

『東京タラレバ娘』第2話の視聴率について

発表後に更新します。

 

スポンサード・リンク

『東京タラレバ娘』第2話のあらすじネタバレ

第2話のあらすじです。東京タラレバ娘

早坂(鈴木亮平)がマミ(石川恋)と付き合い始めたショックを引きずり続ける倫子(吉高由里子)。 さらに、自分たちを「タラレバ女」と名付けた男・KEY (坂口健太郎)が今話題のモデルだということも判明し、衝撃を受ける。
ある日、早坂から新ドラマの主題歌を歌うバンドのライブに誘われた倫子は、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)と一緒に行くことに。 ライブに集まった若い女子たちの熱気に押され気味の3人。そんな中、香はギタリストに見覚えが……。それはなんと、元カレ・涼(平岡祐太)だった!!
運命的な再会に胸をときめかせる香。しかし、涼にはモデルの彼女がいることがわかり、香はどっぷり落ち込んでしまう。 一方、「恋がダメでも仕事だけは」と脚本執筆に精を出す倫子だったが、突然、新ドラマの仕事から降ろされてしまう。
代わりに脚本を担当することになったのは若い女性脚本家・笹崎まりか(筧美和子)。マミから「女を使って仕事を取ったのかも」と聞かされた倫子は、真相を確かめようと彼女を尾行するが……!
そして、街中で花束を手にしたKEYを見かけた小雪は、KEYの意外な一面を目撃する……!?東京タラレバ娘 榮倉奈々

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『東京タラレバ娘』第2話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  ドラマ「東京タラレバ娘」キャストやネタバレのあらすじ!相関図や主題歌も

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ