スポンサード・リンク

嫌われる勇気 10話の見逃し動画から香里奈と大文字の名言感想や視聴率を紹介!

2017年1月12日木曜夜10時(初回15分拡大)からスタートする

「嫌われる勇気」。

原作は、大ベストセラーの

「嫌われる勇気~自己啓発の源流「アドラー」の教え~」です。

アルフレッド・アドラーによる

アドラー心理学、「誰かの期待を満たすために生きてはいけない」という

考え方をもとに、大胆に刑事ドラマとしてリメイク。

色々あった香里奈さんが、周りの目を気にしない

一風変わった警視庁の女刑事を演じます。

組織に馴染まず上司の言うことを聞かない、

それでいて圧倒的な検挙率を誇り妬みをかっている

“嫌われ女子”。

それに対して香里奈さんの相棒刑事である

NEWSの加藤シゲアキさん

演じるのは、明るく正義感が強く一見対人関係が得意そうではあるけれど、

実は優柔不断で周りの評価がとっても気になる“嫌われたくない男”。

こんな相反する二人が毎回どんなふうに事件に向き合い解決していくのか、楽しみですね!

今回は、ドラマ「嫌われる勇気」の第10話のあらすじや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

嫌われる勇気』第10話の個人的な感想

嫌われる勇気、遂に最終回です。

土方に連れて行かれた蘭子を大文字教授が助けに来てくれましたが、すぐに年雄が駆けつけました。

犯行現場を調べると土方以外、警察関係者の指紋と大文字教授の指紋しか検出されず、大文字教授は取り調べを受けます。

しかし、18年も前のことは覚えていないしか言わず取り調べは終わってしまいました。

そして大文字教授は帰り際、蘭子にハンカチを渡しました。その中にはメモが入っていて大文字教授に呼ばれました。

蘭子と年雄は大文字教授を尋ねると18年前の話を始めました。

蘭子の父親は犯人めしあを知っている事。

大文字教授に手伝ってほしいと言われた事。

そして犯人は警察内部の人だという事です。

大文字教授は蘭子も犯人を知っていて、過去の記憶を封印していると話しました。

蘭子は大文字教授に、過去を思い出す手伝いをお願いします。

父親がいなくなった朝の話を聞き、思い出せない事を自由に絵を描きました。

そこには家の庭にある赤い箱を描いていました。

蘭子の記憶が蘇り、オルゴールが埋まっていることを思い出しました。

そのオルゴールは父親が埋めようとしている所を蘭子が見つけ中を見ました。

オルゴールの中には血の付いたナイフでした。

18年前の事件が起こる前に、蘭子の父親が関わった事件の真相を隠蔽した物です。

そのナイフは鑑識の梶が当時見つけた物でしたが、蘭子の父親と上の人達に揉み消された事件でした。

それをきっかけに、梶は蘭子を誘拐した犯人めしあです。

隠蔽した事件を撤回してほしく行った犯行でしたが、結局応じてはもらえませんでした。

警察は蘭子の父親に誘拐犯の犯人の事も教えませんでしたが父親は3年がかりで見つけ出しました。

犯人に会いに行きましたが父親は梶に殺害されてしまいました。

蘭子は18年前の事件の事実、父親失踪の事実がわかり殺人犯として罪を償って下さいと逮捕しました。

本当は父親を殺害されて許せないと拳銃を梶に向けましたが、私は警察です。

殺害して事件を終わらせるのは出来ないと言い、人間としても警察としても素晴らしいと思いました。

ずっと生きていて欲しいと思ってた父親が、一緒に働いていた仲間によって殺害されたと知ったらショックです

でも蘭子は自分をしっかり持っています。

強い気持ちを持っているからこそ戦い続ける事か出来るんだと改めて思えました。

アドラー心理学も蘭子の生き方もまだ見ていたいです。

そして、年雄がアドラー心理学を学んでいく姿もまだ見たかったと思いました。

謎が解けてすっきりしましたが、最終回をむかえ寂しい気持ちです。 。  

嫌われる勇気』第10話の視聴率について

発表後に更新します。

   

スポンサード・リンク

嫌われる勇気』第10話のあらすじ

第10話のあらすじです。

kirawareru10_1

病院を抜け出した青山(加藤シゲアキ)は、大文字(椎名桔平)の研究室に駆け込むと室内を物色し、古びたファイルを見つける。そこには、18年前の蘭子(香里奈)の誘拐事件の記事とともに、赤い印が付いた森の地図があった。
一方、監禁された蘭子のもとへ、大文字がやってくる。大文字は、気を失っていた蘭子を起こし、拘束を解いてやる。自由になった蘭子は、何者かに撃たれ倒れている土方(寿大聡)と、そのそばに自分の銃が落ちているのに気付く。そこへ、青山と道子(飯豊まりえ)が入って来る。青山は、銃を拾い大文字に向けると、蘭子から離れろ、と命じた。大文字は、ゆっくりと手を挙げた。
その後、梶(正名僕蔵)らが行った検証の結果、現場に残された足跡が、土方と警察関係者を除くと、大文字のものだけだったことが分かる。
半田(升毅)は、大文字を取り調べ、監禁場所にいた理由を問いただす。大文字は、蘭子が監禁されているのなら、18年前と同じ場所の可能性があるからだと説明。しかし半田は、当時、監禁場所が公開されていなかったことを指摘する。
そんな中、大文字は、自分と土方が共犯関係だと考えるのは浅はかだと反論。蘭子とともに取り調べを見ていた青山は、取調室に乱入すると、あなたが土方らの狙撃を指示した「メシア」だろう、と怒りを爆発させる。
取り調べが終わり、部屋から出た大文字は、すれ違いざま蘭子にハンカチを手渡した。そこには、メモがはさんであり…。

kirawareru10_2

 

嫌われる勇気』第10話の予告動画

第8話の予告はこちらから>>>

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『嫌われる勇気』第10話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  ドラマ「嫌われる勇気」キャストやネタバレのあらすじ!相関図や主題歌も

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ