スポンサード・リンク

水野亜彩子のサーフィン画像がかっこいい!Wikiやプロフや高校

8月16日(日)にフジテレビの「ジャンクSPORTS」 ”世界を相手に頑張る女子アスリート”に出演しましたビラボン契約の女性プロサーファーの水野亜彩子(あさこ)さん。
日本のサーフィン事情として、なかなかプロでやっていけないことからマイナーなスポーツに分類されており、特に女性のプロサーファーをテレビで見る機会があまりないのですが、女性アスリートとしての水野亜沙子さんの活躍ぶりに注目され「ジャンクSPORTS」 に出演に至ったと思います。

サーフィンは自然に触れ、仲間と時間を共有するスポーツなので自然といい顔立ちになります。今回の水野亜沙子さんもとても素敵で可愛いけど、芯はしっかりしています。そもそも、プロサーファーとはどんなことをしているのか等々気になりますね。また、使用しているボードなど、一般人の使うボードからどの程度カスタマイズしているのか等、調べていきたいと思います!

水野亜沙子さんとは?サーフシーンがカッコイイ!

asako11

【生年月日】1993年6月4日
【出身地】東京都品川区⇒神奈川県藤沢市鵠沼海岸
【血液型】B型
【身長】164cm
【体重】50kg
【スタンス】グーフィー
【ホームポイント】鵠沼河口、プールガーデン前
【契約サーフボード】HIC 5’9
【契約ウェットスーツ】 BILLABONG
【その他契約】  Baby-G、DAKINE、ELECTORIC
          GELALDO、i-Nature
【好きなサーファー】 Mitch Coleborn, Coco Ho

調べてみましたが、水野亜彩子さんは、Wikiにプロフィールが作られていないようでした。前述した、プロサーフィンという競技が浸透していないためと思われます。

サーフィンを始めたきっかけ?

asako1

水野亜里沙さんの生まれは東京都品川区ですが、小学校の時に母の実家のある湘南の鵠沼海岸へ引っ越して来たんです。その後、4年生の時に友達がやっていて誘って貰ってサーフィンを始めたのがきっかけです。

お父さんは年に2~3回くらいサーフィンやる程度で、お母さんは全くやらないんでそうです。そんな環境の中、初めはロングボードを押して貰ってサーフィンをしていましたが、乗れるようになると直ぐショートボードに乗って滑る練習とかしていたそうです。

ホームポイントは鵠沼河口やスケートパーク前との事なので、、平日の朝・夕方、週末は一日中、混んでいて接触事故の多くて有名なポイントです。平日、学校が終わると友達とショップの人と練習していたのかなと想像します!

自分も伊豆に何年も通っていた時に小学校低学年だった村松○○さんが毎回うまくなりあっという間に手の届かないくらいの上手さになってましたので、水野さんも同じように上達し、子供の軽さを生かしてガンガン波を取っていたのでしょう!

asako10

プロサーファーとしての経歴

 

スポンサード・リンク

2009年、高校1年生の時に弱冠15歳でJPSAプロとしてデビューしてから数々の大会に参戦し度々、優勝できる実力をつけてきました。2014年ランキングはJPSA女子ショートボードで2位。。最終戦の逆転可能だったんですが、残念ながら必要ポイントが取れなかったようです。

2015年はシーズン真っ盛り!全7戦中、4戦を終了した段階で現在8位とこれからの追い上げに期待ですね。

今年の目標は、大洗の時と変わらず自分のサーフィンをする事と、楽しむ事だけを考えてJPSA残りの試合を頑張りたいです。
今年はASPジュニアの試合は全戦が終了し、ファイナルへ進めたのが1戦だけと成績が悪かったんです。
その原因は、「コケたらいけない、絶対決めなきゃ」と考えたら緊張し過ぎて全然身体が動かなかったので、
これからは思いっきりサーフィンをするしかないと思いました。
ASPジュニアは再来年まで出場出来るので頑張りたいし、ASPスターツアーの方も来年高校を卒業して回れたら回りたいです。
サーフィンはもっともっと技術を向上して、スタイル・技のバリエーションを増やしていきたいですね。出典:波ある

水野亜里沙さんのカッコイイサーフシーン!

水野亜里沙さんが波を綺麗に波に当て込んでいる画像や、私服が素敵な画像などをまとめてみました!

asako0

波の裏からの神秘的な画像です!この撮影もタイミングを間違えると波に食われてサンゴ礁の餌食になります・・。

asako2

進行方向のクローズドセクションへの当て込み!上半身が水面と平行なところがスピード、バランスが良いですね!

asako6

崩れる波をボトムターンで抜けきりトップセクションに当て込み加速するシーンですね!カッコイイ!

asako_Borad1

HIC シェイパー:ケリートコロの5’7 1/2で厚みが少しある板に乗っているらしい。
鵠沼で使うこともあるから厚みを出しているのか??
ちなみにフィンはFCSでケリースレーターモデルの固めのフィン(K3.1)を使用しています。

asako7

では最後に、鵠沼の河口+夕日の一枚です。
サーフィンのいいところは朝焼け、夕焼けなど綺麗な風景を楽しめる点も大きいですね!

『4/5 プロサーファー、トップアマセッション@初春の湘南小波!』という楽しい動画を是非、ご覧下さい!

今シーズンも終盤戦!グランドチャンピオンに向けて、また世界(WQS)に向けて
今後の活躍に注目したいと思います!
是非是非、頑張ってください!

 

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ