スポンサード・リンク

ラヴソングの主題歌を藤原さくらが!好きよ・500マイル・SOUPも

2016年4月からスタートする月9ドラマ『ラヴソング』の主題歌は、ドラマのヒロイン、藤原さくらさんの『soup(スープ)』に決定しました。

藤原さくらさんは、約100人のオーディションを勝ち抜いて、このドラマで女優としてデビューするシンデレラガールです。

今回は、藤原さくらさんの楽曲や月9ドラマ『ラヴソング』の主題歌『soup(スープ)』の歌詞などについて、まとめてみました。

 

月9ドラマ『ラヴソング』の主題歌を『soup(スープ)』を歌うのは藤原さくらさん

月9ラブソング-ヒロイン藤原さくら-画像

月9ドラマ『ラヴソング』の主題歌「soup(スープ)」を歌う藤原さくらさんは、この『ラヴソング』のヒロイン役オーディションで、約100人の中から、選ばれました。

参考記事:月9ドラマ「ラブソング」の佐野さくら役のかわいい女の子は誰?

かわいい外見とはかなりギャップのある独特な雰囲気のある歌声が持ち味の藤原さくらさん。

月9ドラマ『ラヴソング』の主題歌「soup(スープ)」でも、個性と才能にあふれた歌声を披露してくれると思います。

発売が待ち遠しいですね!

 

月9ドラマ『ラヴソング』の主題歌を『soup(スープ)』の歌詞は?

ラブソング-主題歌-藤原さくら-画像

『ラヴソング』の主題歌「soup(スープ)」の作詞・作曲を手掛けるのは、福山雅治さんです。

福山雅治さんは、月9ドラマ『ラヴソング』の主題歌「soup(スープ)」の歌詞について

いくら相手のことが好きでも、どこか『他人だな、違うな』と思うのが常。

それでも自分の気持ちを信じて、ずっと一緒にいたら“2人でしかなれない2人”になるんじゃないかというのを、1つの料理(スープ)になぞらえました。

とコメントしています。

2015年に吹石一恵さんと結婚したばかりの福山雅治さんが書きおろす「soup(スープ)」の歌詞、楽しみですね!

『ラヴソング』の主題歌「soup(スープ)」を歌う藤原さくらさんは、オーディションの時に福山雅治さんとセッションするシーンもありました。

2人のセッション、息がピッタリでステキです!

 

 

月9ドラマ『ラヴソング』の挿入歌も福山雅治さんが作詞・作曲

福山雅治さんはドラマ『ラヴソング』では、主題歌以外に挿入歌も3曲手掛けているそうです。(タイトルはまだ発表されていません)

曲を書きながら役作りをしなければならず、前代未聞な煮詰まり方をしてしまったという福山雅治さん。

でも、藤原さくらさんを始めとしたフレッシュな若手俳優との共演を楽しんでいるようです。

福山雅治さんは主題歌を歌う藤原さくらさんについて

何事にも好奇心をもって、どんどん吸収するタイプ。

手付かずの芝居に刺激を受けている。

とコメントしています。

ドラマ『ラヴソング』での福山雅治さんと藤原さくらさんの演技、2人の関係がどう変わっていくのか、とても楽しみですね!

月9ドラマ挿入歌『好きよ好きよ好きよ』歌詞良いですね!この曲から第2章が始まった。

 

 

月9ドラマ挿入歌『500マイル』はドラマの中でも大きな意味を持つ曲

 

ドラマの中で頻繁に流れる挿入歌「500マイル」のせつないメロディーが心に染みたという方も多いのではないでしょうか?

この曲の原曲は、1960年代にアメリカのフォークソンググループ「ピーター・ポール&マリー」によるヒット曲で、日本のフォークソングブームにも影響を与えたと言われています。

ドラマで、さくらさんが歌っているのは、忌野清志郎氏が日本語の歌詞を作詞したものです。

この「500マイル」は、ドラマの中で、さくらと真美(夏帆)が学生時代に一緒に聴いていた思い出の曲でもあり、神代広平(福山雅治)にとっては、亡くなった彼女との思い出があるという、とても深い意味を持った曲なんです。

 

月9ドラマ『ラヴソング』の主題歌を歌うの藤原さくらさんの楽曲

 ラブソングヒロイン藤原さくら-Ellie-画像

月9ドラマ『ラヴソング』のヒロイン役で主題歌「soup(スープ)」を歌う藤原さくらさんは1995年12月、福岡県生まれ。

高校進学後、オリジナル曲の制作を始め、地元福岡のカフェやレストランを中心にライブ活動を続け、2014年3月に上京し、2015年3月にメジャーデビューを果たしたばかりです。

そんな藤原さくらさんの楽曲を3曲ご紹介します。

 

藤原さくらさんの楽曲 『かわいい』

「かわいい」は、2016年2月17日発売の藤原さくらさんのメジャーデビュー後の1stフルアルバム「good morning」に収録されている曲。

10代の女の子が抱くピュアな恋心をリアルに描いた歌詞にも注目です。

 

藤原さくらさんの楽曲 『Baby』 

藤原さくらさんの「Baby」という曲、とてもかわいらしいナンバーですね!

 

 藤原さくらさんの楽曲 『Ellie』

こちらは英語の歌詞で、雰囲気のある大人っぽい楽曲です。

藤原さくらさん歌声の雰囲気が、ノラジョーンズに似ているという感想を持つ方も多いようですが、藤原さくらさんはミュージシャンの父親、藤原宏二さんの影響で、ノラジョーンズもよく聴いていたようです。

 

藤原さくらさんみたいにギターが弾けるようになりたい方へ

 藤原さくらさんは、小学生の頃から姉がファンだったYUIさんに憧れて、シンガーソングライターを目指すようになったそうです。

 藤原さくらがYUIさんに憧れていたように、 「藤原さくらさんみたいにギターが弾けたらステキだな~」と、藤原さくらさんに憧れてギターを始める方もこれから続出するかもしれませんね。

これからギターを始めてみたいなという方は入門セットを購入してスタートするといいと思います。

アコースティックギター 初心者入門セット一覧

また、ギター教室に通わずにギターをマスターしたいという方は、現役ギタリスト兼ギター講師が企画・執筆・制作に携わった初心者のためのDVDギター教材がおすすめです。

これまでギターにチャレンジしたけど挫折してしまった方や楽器を触ったことの無い方からも、簡単に理解できると大人気のDVD教本です。

30日でマスターする【ギター講座 教本&DVD】

 

スポンサード・リンク
 

 

月9ドラマ『ラヴソング』の主題歌を歌う藤原さくらさん、『soup(スープ)』の歌詞まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回は、月9ドラマ『ラヴソング』の主題歌を歌う藤原さくらさんや主題歌『soup(スープ)』の歌詞などについて、まとめてみました。

藤原さくらさん演じる佐野さくらが、元プロミュージシャンで現在は企業カウンセラーとして働いている福山雅治さん演じる主人公、神代広平と出会い、歌を通じて自己表現することを知り、いつしか音楽を通じて、神代広平に恋心を抱いていくというのがドラマ「ラブソング」のストーリーです。

演技未経験の藤原さくらさんが、どんな佐野さくらを演じるのかも楽しみです。

新婚の福山雅治さんが書き下ろす主題歌『soup(スープ)』の歌詞や挿入歌も楽しみですね!

月9ドラマ『ラブソング』は、4月11日夜21時スタートです。お見逃しなく!

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ