スポンサード・リンク

石原さとみ「校閲ガール」ドラマ最終話あらすじや衣装と感想や視聴率

12/8 個人的な感想を更新。

2016年10月5日水曜夜10時(初回10分拡大)からスタートする水10ドラマ

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(地味スゴ)」

主演は、石原さとみさんです!

今回は、悦子が憧れるLassyの校閲者が病気になり、校閲部からもヘルプを出すことになります。

Lassyの校閲ですから悦子はやる気満々ですよね!

でも、小説と勝手が違い、ファッション誌の校閲のポイントが違うんですね。

ブランド名、住所、商品名と金額などなど、表現や言葉の統一より、間違えていてブランド側からのクレームを配慮する傾向なんですね。

悦子も学生時代から読み慣れていたブランドだったんですが、最近頭文字が大文字になったブランド名を間違えてしまい・・・

編集部に迷惑をかけてしまいます。。

確かにミスは欲は無いですが、編集部の文句の言いっぷりがカチンと来ましたね。

落ち込む悦子に、森尾が部長が幸人が励まします。。

ここ最近、悦子が校閲の存在を全く誰も評価しないことに対して結構落ち込んでいましたから、このミスの説教に病んだんでしょうね。

でも、幸人は人々が楽しむ裏には必ず支える人たちがいる話をし、校閲部もまた同じで素晴らしい仕事と揉め称えてくれます。

悦子は、徐々に自分を取り戻し、Lassyの校閲を今まで通りに細かく一語一句漏らさず校閲すると、編集部長に認められ・・次回は関東規格のアイディアをプレゼンすることになります!

そして次週は最終回、幸人との告白もウェイティング、仕事もLassyに入れるか楽しみですね。

石原さとみさんのドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール」の衣装がかわいい!

今回は、ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の最終話のあらすじネタバレや着用している衣装、個人的な感想、視聴率のコメントについて紹介していきます!

『地味にスゴイ!校閲ガール』最終話の個人的な感想

最終回では、長年の夢だった「Lassy」異動のかかったプレゼンのチャンスが舞い込むけれど、校閲の仕事にかかりきりになってしまいチャンスを逃してしまった悦子(石原さとみ)。

ちょっと予想とは違ったラストでした~。

「Lassy」に引き抜かれるも、自分の意思で校閲に戻る!って展開かと思ってました。

でも、チャンスのプレゼンか、今目の前にある校閲の仕事か、という選択で、校閲の仕事を選んだことが、悦子の出した結論ってことですよね。

でも、目の前にあることに一生懸命になってしまう悦子だから、もし最初に配属されたのが「Lassy」編集部だったら、それはもう一生懸命に編集の仕事に打ち込んだんだろうなと思うと、ちょっと可愛そうでもあります。

だって、違う部署に配属されてしまった以上、その仕事を夢にたどり着くまでの腰掛けですることなんてできない悦子は、一生夢に向かってがんばる時間は取れないってことになっちゃいますから。

それもあってか、幸人(菅田将暉)との恋愛も「このままでいたい」との結論に!

それは意外だった・・・!

絶対くっつくか、裏切っても貝塚とくっつくかと思ってたのに、現状維持って何!?

恋愛に走っちゃうと、仕事がおろそかになっちゃうってゆう理由だけど、確かに二つのものに同時に打ち込めない悦子の性格ならわかるような気がしますが・・・。

でも、実際もう付き合ってるようなものだったのに、プラトニック続けることでそんなに違いが?

夢に関しても、叶わなくて悔しい思いをして、でも今の仕事を頑張る。

恋愛も、本当は届いているはずなのに、今の仕事のために諦める(?)

ちょっとそこはモヤっとした終わり方でしたね。

フラれたわけでもないし、でも前に進めない交際に付き合わされる幸人もいい迷惑のような。

でも、「地味な仕事でも、とっても重要で素敵な仕事が世の中にはたくさんある」って一番のメッセージはすごく伝わってきたので、全体的にはとても楽しく見ることができたドラマでした!

『地味にスゴイ!校閲ガール』最終話の視聴率について

発表後に更新します。

スポンサード・リンク

『地味にスゴイ!校閲ガール』最終話のあらすじ

最終話のあらすじです。

nigehaji10_1出典:番組公式HP

『Lassy』編集長の亀井(芳本美代子)から、巻頭特集の企画書を書いてプレゼンするように言われた悦子(石原さとみ)。悦子に『Lassy』編集部に異動できる大チャンスが訪れる。
悦子は貝塚(青木崇高)から、本郷(鹿賀丈史)の盗作を訴える告発文が送り付けられたと知らされる。告発文の送り主は、“直木龍之介”と名乗るWEB小説家。直木は、自分が1ヵ月前に発表した作品と、発売されたばかりの本郷の最新作が酷似していると主張していた。
本郷は連絡がつかない状態で、真偽を確かめることができない。貝塚は、本郷の最新作と直木の作品を細かく検証すれば手がかりが得られるかもしれないと考え、校閲部に2つの作品の事実確認を依頼。悦子たち校閲部の面々と幸人(菅田将暉)は協力して、本郷の盗作疑惑を晴らすために奔走する。
一方、悦子が『Lassy』編集部に企画をプレゼンする日も近付いていた。そんな中、校閲部に何者かが侵入し…。

nigehaji10_2出典:Twwiter

 

『地味にスゴイ!校閲ガール』最終話で出演者が着ている衣装

・石原さとみさんが着用している衣装

・本田翼さんが着用している衣装

こちらは放送後に更新します。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』の最終話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  地味にスゴイ!校閲ガール。石原さとみ他キャストやあらすじ・主題歌を紹介!

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ