スポンサード・リンク

男子バレーの山内晶大は身長2mで9頭身!彼女の画像動画や出身等

今月の、9月8日から9月23日まで開催される 『FIVBワールドカップバレーボール2015』。この大会の上位2か国が次回のリオデジャネイロオリンピックの切符を手にすることができます。上位2か国が次回のリオデジャネイロオリンピックの切 符を手にすることができます。

南部監督率いる龍神ジャパン!

山内晶大選手は、2020年東京五輪に向けた強化指定選手「Team CORE」に選ばれており、これからの日本バレーボール男子の人気回復の担い手と未来のリーダー格への成長を期待されたイケメン4選手を「NEXT4」と名付け売り出してますね。

注目の山内晶大選手は、バレーボールを高校に入ってから始めたのにも関わらずず、およそ六年で全日本代表に 選ばれるという凄い成長株の選手です。山内選手の運動神経、センスなども凄いと思いますが、6年間でここまで上がれる練習に対する努力には感動します!

今回は、山内晶大選手について紹介していきます!

NEXT4の 山内晶大選手は身長204cmで9頭身!

yama1

 生年月日:1993年11月30日(21歳)
出身地:愛知県名古屋市
身長:204cm
体重:72kg
出身高校:名古屋市立工芸高校
所属:愛知学院大学
ポジション:MB
最高到達点 348cm

バレーボールとのきっかけ、経歴など

スポンサード・リンク

山内晶大選手はバレーボールの強豪がひしめく愛知県出身ですが、中学3年生まではバスケットボールに夢中でバレーボールは無縁だったようです。その後、名古屋市立工芸高校に進学します、ここで遂にバレーボール部へ入部と思いきや入っていません。。山内晶大選手は背は高く細めだったため、フィジカルの厳しい高校バスケは入部しなかったようです。

なぜか・・ハンドボール部に入部することに・・しましたが、結局、ハンドボールも当たりがきつく、1か月で退部したそうです。 行き場を失った山内選手・・。

体育の授業でバレーボールをやった時に体育の先生が、バレーボール部の顧問をしていた為、バレーボール部へ勧誘し、ついにバレーボールの道を歩き始めたようです。

山内選手は、恵まれた身長球技をしていたので球カンも良くブロックの上手い選手と監督も評価しています。ただ、バレーボール部自体、人数がかけていたり、特に強かったりはしないので、目立つ存在ではなかったようです。

こうやって考えると、家族の影響で高学校低学年からクラブに入ることで、『技術』、『フィジカル』、『メンタル』が鍛えられるので、遅咲きの人は厳しいイメージですね。その中でも、こういう化け物選手がいることは素晴らしいと思います。

残念ながら高校自体はノンタイトルに終わりましたが、監督より大学でバレーを続ければとの提案を受け、愛知学院大学に進学しバレーボールとつづけました。その後、2014年4月に全日本メンバーに登録され、2014年6月に「Team CORE」のメンバーに選出と異例のスピードで階段を上ってます!

世界と戦う204cmのミドルブロッカー

yamauchi

世界標準では、ミドルブロッカーのレベルがどんどん上がってきているため、日本でも、高さとスピードを両立できるミドルブロッカーの発掘が必須とされていた。そして、経験自体はまだまだ足りないものの、身長204センチ、最高到達点も348cmと高い、期待の星『山内晶大選手』が現れた。

やっぱり世界は高くて、自分よりでかい選手も、よく跳ぶ選手もいる。
それにクイックやスパイクの幅がすごく広くて、ブロックをするのが難しい。
ドイツ、フランス、アルゼンチンと戦った印象だ。 出典:山内選手

と、山内選手は語る。今後の活躍に期待ですね!

身長も高くイケメンの山内晶大選手の彼女は?

バレー応援団・逢沢りなさん(163cm)が禁断の男子寮に潜入(出典:スポルト)yamauchi2

中学時代はバスケットボール、高校生からはバレーボール!この身長とルックスをもっていれば、かなりモテていることは容易に想像できますね!そんな山内選手の彼女について調べてみましょう!

彼女についての情報は見つかりませんでしたので、現在、山内さんに彼女がいない可能性は高いでしょう。

ただ、女性人気は高いので、いつ彼女ができてもおかしくないですね。今後の出会い情報に期待ですね。

山内晶大選手の画像や動画について

yamauchi5

顔小さっ、髪型○!、長身、甘いマスク・・モテル訳だ!

yamauchi4

ゴメンm(__)m 顔にボールが当たったんでしょうか?

yamauchi6

食事管理はあってもスイーツは別腹なのかな?

 最後に

日本男子バレーは女子バレーに比べて、更に世界との戦いは厳しいですが、次世代の担い手である「NEXT4」で相手をかき回して日本に勝利を呼び込んでほしいと期待します!

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ