スポンサード・リンク

ドラマ「BG 身辺警護人」第3話のあらすじと感想。

2018年1月18日木曜夜9からスタートする

「BG ~身辺警護人~」。

主演には、SMAP解散後、初のドラマでイメージ一新したい

木村拓哉さん

今回、キムタクが演じる主人公・島崎章は、

シングルファーザーで中学生の息子とふたりぐ二人暮らしをしながら

民間の警備会社に勤務しています。

以前は敏腕のボーディーガードとして活躍していましたが、何らかの

事情により、過去を隠しながら工事現場の警備をしているのです。

そんな矢先、章が勤務している会社は身辺警護課を新設することになり、

章は身辺警護課の一員となります。

今回は、ドラマ「BG 身辺警護人」の第3話のあらすじネタバレや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます

 『BG 身辺警護人』第3話の個人的な感想

放送後に更新しますね。

『BG 身辺警護人』第3話の視聴率について

発表後に更新します。

 

スポンサード・リンク
  

『BG 身辺警護人』第3話のあらすじネタバレ

第3話のあらすじです。

BG

深夜に緊急の警護依頼が舞い込み、招集をかけられた島崎章(木村拓哉)ら日ノ出警備保障・身辺警護課のメンバーたち。一度は身辺警護課を辞めた高梨雅也(斎藤工)も復職する中、彼らに命じられた任務は『人気タレント・かのん(三吉彩花)に支給する現金一億円の警護』というものだった。
 急に「引退したい」と言い出し、姿を消したかのんを連れ戻すための金だ、と説明する芸能事務所社長の坂東光英(西村まさ彦)。現金輸送の経験もある高梨を責任者とし、かのんに会うため車で出発するが、行き先もはっきりしない任務に高梨は不信感を募らせ…?
 ようやく現金一億円の運び先を明かし始めた坂東。なんと、かのんは「引退する」と言い出し姿を消したのではなく、誘拐されていたのだ! 警察には知らせないで欲しい、と懇願する坂東の意思を尊重し、誘拐犯の要求した場所に金を運ぶことに。しかし、犯人との通話に成功した章は、ある違和感を覚え…?
 その頃、警視庁SPの落合義明(江口洋介)は、厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)から“民間の警備会社の章に警護を依頼するつもりだ”と言われ、驚がく。落合は、章を探して日ノ出警備保障に現れ…!?

BG


 

 『BG 身辺警護人の予告動画

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『BG 身辺警護人』第3話のあらすじについて紹介しました。

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>

  ドラマ「BG 身辺警護人」キャストやネタバレのあらすじ!相関図や主題歌も



関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ