スポンサード・リンク

ドラマ「きみが心に棲みついた」第6話のあらすじと感想。

2018年1月16日火曜夜10からスタートする

「きみが心に棲みついた」。

主演は、吉岡里穂さん。

ごめん、愛しているでヒロインを演じ、話題になっていましたね!

そんな彼女は今回は、不器用なだけで自分を意図的にすくってくれた

裏の顔をもつ学生時代の元カレ・星名と、漫画家の編集者をやっている吉崎。

二人の間で、昔の彼への依存と新らしく一歩を進みたい思いが

揺れに揺れる、男女間のビミョーに怖い三角関係を描きます。

第5話では、星名との過去がいつかはバレて嫌われるなら、いっその事自分から離れようとしますが、吉崎もまた、今日子に対する気持ちが芽生えて来ていますね。

星名と吉崎のバトルが楽しみですね。

今回は、ドラマ「きみが心に棲みついた」の第6話のあらすじネタバレや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

『きみが心に棲みついた』第6話のあらすじネタバレ

第6話のあらすじです。

吉岡 里穂

バーベキューがきっかけで今日子(吉岡里帆)は吉崎(桐谷健太)と付き合うことになった。仕事中もついつい浮かれてしまう今日子は、星名(向井理)にだけは知られてはいけないと気を引き締める。
ラプワールでは新ブランドのデザイン選定が佳境を迎えていた。だが最終プレゼン前にもかかわらず池脇部長(杉本彩)は堀田(瀬戸朝香)をデザイナーに指名。実は池脇と八木(鈴木紗理奈)には浅からぬ因縁があり、権力を盾にした意趣返しに八木はやる気をなくしてしまう。そんな八木に堀田は負け犬呼ばわりし…。
一方、今日子は星名に最終プレゼンを予定通り行うよう頼みこむ。しぶしぶ承諾した星名は、衝撃のひとことを口にする。

kimi6_2

 

 

スポンサード・リンク
  

 

 『きみが心に棲みついた』第6話の個人的な感想

放送後に更新します。

『きみが心に棲みついた』第6話の視聴率について

発表後に更新します。

 

 

 

 『きみが心に棲みついたの予告動画

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『きみが心に棲みついた』第6話のあらすじについて紹介しました。

の火10は、“胸キュンラブストーリー”ではなくて、”怖いけど見たくなるラブストーリー”ですね。「あなそれ」も怖い系でしたが、こっちの方が今時なんでしょうか・・。

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>

  ドラマ「きみが心に棲みついた」キャストやネタバレのあらすじ!相関図や主題歌も



関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ