スポンサード・リンク

ドラマ「奥様は取り扱い注意」第2話は秘密の過去編!あらすじと感想。

2017年10月水曜夜10からスタートする

「奥様は、取り扱い注意」。

主演は、綾瀬はるかさん

第1話が終わり、閑静な住宅街に住むセレブ奥様という感じではなく・・

主婦たちが隠し持っている悩みを解決する楽しみを考えてましたね。

第1話のラストシーンでも、広末涼子の仕事中心な夫や本田翼のマザコン夫と色々悩みが渦巻いていそうですね。

今回は、ドラマ「奥様は取り扱い注意」の第2話のあらすじネタバレや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

 『奥様は取り扱い注意』第2話の個人的な感想

2話では高岡早紀さんがゲスト、AV嬢だった過去を暴露されて街から追い出されそうになるというストーリーでしたね!

ビラや家の壁への落書きによって、その過去がもうみんなに知られてしまった(一番知られたくなかった夫にも)のに、さらに500万円払えと行ってくる恐喝男の意図がよくわからないとか、またしてもちょっとツッコミどころはありました。

ベタドラマで出てきそうなほど悪人役が本当に悪い感じなので、綾瀬はるかさんのアクションでやっつけてくれるところはスカッとしますね。

キレキレのアクションってほどでもないのに、男3人が次々とやられていくのが、ちょっとチープだな~とは思いますが・・・。

でも、安心して見られる水戸黄門ドラマだと思えば、出会ってすぐの相手に入れ込んで問題解決に乗り出していくところや、毎回同じ展開で(最後は腕力)問題解決するところも、まずまず楽しめるかなという感じです。

1話では「結婚」という形で精神的にも経済的にも男に依存する女の社会的立場の弱さを描いていましたが、今回も「男のやんちゃな過去は武勇伝になるのに、女の過去は黒歴史にしかならない」というセリフが印象的でした。

毎回こういった女性の社会的に損しているところがテーマとして扱われていくのかな~と思うと、そこは注目したいです!

『奥様は取り扱い注意』第2話の視聴率について

第2話の視聴率は、11.3%と好調なスタートですね。

通常、第2話は視聴率が落ちる傾向ですが、セレブ主婦でキャラの違う3人の女性の人気度

綾瀬はるかさんのアクションもなど、見どころ満載な点が視聴率に反映されてますね。

来週も主婦たちの秘められた悩みをどう解消するか注目ですね!

スポンサード・リンク
  

 

『奥様は取り扱い注意』第2話のあらすじネタバレ

第2話のあらすじです。

奥様は取り扱い注意 綾瀬はるか

ワケありの過去を捨て、普通の主婦として暮らし始めた伊佐山菜美(綾瀬はるか)。夫との関係がイマイチうまくいかない…という同じ悩みを持つ主婦仲間の優里(広末涼子)と京子(本田翼)と一緒に、町のカルチャースクールに通いながら女子力を磨く日々だ。

艶っぽく着物を着こなして夫を迎えたら夫もその気になるのでは…という下心から、最近3人が通い始めたのが「着付け教室」。そこでも抜群の女子力のなさを発揮してしまった菜美は、色香漂う受講生・夏希(高岡早紀)から着付けの仕方から女性らしい所作まで「いろいろと」教えてもらうことになる。

その夜。早速夏希の教えを実践しようとするが、旦那の勇輝(西島秀俊)には響かず、菜美はアッサリ撃沈。優里と京子も、夏希から教わったテクニックを披露するには至らなかったらしい。一方、夏希の前には、彼女のある過去を知る的場が現れ…。

数日後、夏希が元有名AV女優だった過去が何者かによって町中に暴露された。事実を知った菜美たちは、改めて夏希の自宅を訪れ事情を聴くことに。

夫の貞之に自らの過去を打ち明けることができなかったという夏希の思いを知り、ひとまずは嵐が過ぎるのを待つことに決めた菜美。しかし、自宅にされた落書きで夏希の過去を知った貞之は家を出ていき、町内会でも大問題に。一方的に夏希を町から追い出そうとする人たちに反発した菜美たちは、自分たちの手で問題を解決しようとするのだが…。

「人に打ち明けられない過去を持つ」夏希の痛みを誰よりも理解し、彼女の力になりたいと奔走する菜美。果たして彼女は、夏希を救うことができるのか!?

奥様は取り扱い注意

 

 

 

 

奥様は取り扱い注意の予告動画

ドラマの予告がありました!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『奥様は取り扱い注意』第2話のあらすじについて紹介しました。

久々に主演で登場する綾瀬はるかさんはセレブな妻を演じるものの・・・家事・炊事がダメながら他の主婦の悩みを解消するために奮闘します!アクション?有りなドラマぶっちゃけ面白そうですね!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  ドラマ「奥様は取り扱い注意」キャストやネタバレのあらすじ!相関図や主題歌も



関連コンテンツ
サブコンテンツ

このページの先頭へ