スポンサード・リンク

『人は見た目が100パーセント』1話のネタバレとキャストの動画と感想・視聴率

※個人的な感想を更新しました。

2017413から始まる木10フジテレビの春ドラマ

人は見た目が100パーセント(ひとパー)

主演の桐谷美玲さんが演じるのは女子力0のリケジョ

でも、メガネをして髪を後ろで一本縛りしているだけなので、

全然見た目可愛いんですけどね・・・(笑)

そして、今時細眉の時代錯誤女子に水川あさみさん、

女優初挑戦となる大ブレイク中のブルゾンちえみさんも出演。

このドラマは、女子もどきからステキ女子に変身するため、主人公たちが奮闘する現代女性のリアルな心情が描かれ幅広い年齢の女性から支持を集めています。

今回は、ドラマ「人は見た目が100パーセント」の第1話のあらすじネタバレや個人的な感想や、視聴率について紹介していきます!

『人は見た目が100パーセント』第1話の個人的な感想

「人は見た目が100パーセント」は、冴えない女子3人組が

美容研究に目覚め奮闘していくという

ストーリーでかなり女子ウケするテーマだなと期待していました。

でも、1話を見た印象としてはテーマを生かしきれていないかな〜と感じました。

まず、

 ・オシャレより食の女子モドキの佐藤聖良(ブルゾンちえみ)

 ・子供が生まれてからオシャレに遠ざかっていたため
  オシャレの基準が時代錯誤の町田満子(水川あさみ)

昔から美容系の話がどうしても苦手で、キラキラした人たちと一緒にいることすらストレスになるというネガティブキャラの主人公・城之内純(桐谷美鈴)というキャラクターがあんまり共感できなかったですね。
どうしてそんなにネガティブになってしまったのか、

 1エピソード入れてもよかったのかな〜と。

たぶん生まれつきって設定で、そうゆう人がいるのも現実なんだけど、

ドラマとしては主人公を応援してあげるような設定でないと魅力がない。

そして、ウサギ顔メイクや帽子、ストールの巻き方などのファッション講座を入れてきたのは良かったんだけど、最初から最後までそれで終わってしまいました。

完全に気後れしていたリケジョ3人がなんとか丸の内の街を歩くことができたってゆうところで1話が終わりました。

ファッション講座は1話につき1テーマでいいから、もっとそこを丁寧に描いて周りの人間と絡みながらエピソードを入れてそのテクニックを使いこなしていくようになれたほうが、ドラマとしては盛り上がる気がしますね。

成田凌さんの出演シーンも見たいし、早く恋愛系の要素も入れてストーリーが展開することを望みます!

『人は見た目が100パーセント』第1話の視聴率について

第1話の視聴率は9.5%と桐谷美玲さんを主役に持ってきたのに、今一つの数字でした。

ネットでもいくら地味にしていても素材が良すぎるため、

「桐谷美玲さんが女子モドキなら、私はガンモドキ・・」

なんて投稿も色々ありました。

ここからどう回復させていくか楽しみですね。

 

スポンサード・リンク

『人は見た目が100パーセント』第1話のあらすじネタバレ

第1話のあらすじです。人は見た目が100パーセント 桐谷美玲

城之内純(桐谷美玲)は、八王子製紙で製紙素材の分析をする研究員。理系女子=リケジョだった純は、子どもころからファッションやメイクに興味がなく、いつしか周りの女子から置いていかれてしまった、自分に自信がない地味な女性だ。

ある日、純や研究員仲間の前田満子(水川あさみ)、佐藤聖良(ブルゾンちえみ)らが所属する第3研究室が、大手化粧品メーカー・クレエラジャパンに吸収されることが発表される。クレエラ社は、丸の内にオフィスを構え、1階には榊圭一(成田凌)らイケメン美容師が揃った人気美容室もあるような、これまでの純の人生とはまったく無縁の、おしゃれな世界にある会社だった。クレエラ社は、純たちが研究しているセルロースナノファイバーの高い保湿効果に注目し、新しいファンデーションの開発に応用したいらしい。

顔合わせを兼ねたクレエラ社の新年会に出席した純たちは、その華やかさに圧倒される。おまけに純は、くじ引きでクレエラ社の人気化粧品が当たったものの、使い方すらわからずにステージ上で大恥をかいた挙句、逃げるようにステージを降りようとして階段を踏み外し、気を失ってしまう。クレエラ社統括マネージャーの松浦栄子(室井滋)とともに冷ややかな目でその姿を見ていた丸の内研究センター長の國木田修(鈴木浩介)は、そんな純に、「これからはもう少し身なりに気を遣った方がいいんじゃないですか?人は見た目が100パーセントなのですから」と言い放つ。

困り果てた純、満子、聖良は、いままで知らなかったビューティーについて学んでスキルアップを図ろうと決意し、さっそく流行のメイクについて研究を始める。苦労の末、なんとか“うさぎ顔メイク”を完成させた純たちは、同僚研究員の丸尾拓馬(町田啓太)、三沢基樹(堤下敦)の前に立つが

人は見た目が100パーセント 桐谷美玲

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ドラマ『人は見た目が100パーセント』第1話のあらすじについて紹介しました。

では放送日を楽しみにしていましょう!

また、まとめ記事も有りますので、ぜひご覧下さい>>>
  ドラマ「人は見た目が100パーセント」キャストやネタバレのあらすじ!相関図や主題歌も

スポンサード・リンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ